プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
やっぱり
天気予報はあたり 朝起きたら やっぱり 雪が降っていました

ここ最近 やっぱりと思ったことは 

太陽光発電の会社の経営が行き詰ってきていること というニュース

正直 これは やっぱりではなく すぐに起こることだろうって思っていました

大きな地震から 原発事故が起こり エネルギー問題が浮き彫りに

法整備も十分にされないまま 新エネルギーへの道を 国をあげて突き進んでいく

なぜ 今まで 民間がなかなか手を出せなかった分野なのか

研究をしているものの 国民の期待 そして 国の後押しがなければ 広く実用化されなかった理由

そういったことを 冷静に考えれば よく分かること

そう 現場を知っていればの話です 現場を知らない人たちは

理想論だけで突き進む 理想を掲げることは 当然大切なことだし これからも必要なこと

しかし それは 現場の現状を把握していることが大前提 そうでなければ 

押し付けられる地方 現場は その都度 振り回され コミュニティは空中分解してしまうもの

自然エネルギーに走らせるだけ走らせ 後から起きる問題は 各々解決してねっというのがオチ?

現場で起きる問題 参入した者が解決することは 当たり前のことです

ただし それを導く 言葉は適切ではないけれど 煽る側の責任はないのか ということです

責任を取るとか 取らないではなく それ以前の問題

つまり 新しい技術を導入することは メリットもデメリットもあるということを

声を大にして しっかりと説明すること それが 方針を打ち出す国のやるべきことだと思います

当然 後先を考えないで 感情だけで進めてしまって損をするのは 自業自得ですけどね

あぁ 長くなってしまいました こんなことを書くつもりではなかったのに ( 笑 )


そうそう やっぱり の話でした

センター試験の日は 天気が荒れ 雪が降る これも やっぱりですね

雪が降った土曜日ということもあり 朝の道路は 空いていました

山羊さんたちが お腹を空かしているだろうと思い いつもより ちょっと早く到着すると

snowgoat1

雪雲に覆われ ちょっと薄暗い中 山羊さんたちは 私たちの到着を待っていました

snowgoat2

日本昭和村に来るお客さまから 私たちの山羊さんたちのことを 白いねってよく言われます

でも 真っ白な雪の上に立っていると やっぱり 雪の方が 断然白いです

ここは 元々赤土を埋め戻してできた場所なので

どうしても 雨が降ったりして 水分を含み 表土がドロドロになると 山羊さんたちも汚れてしまいます

まずは 降り積もった雪を除け コンテナ箱の中に積もった雪も取り除き

その中に 配合飼料 それから 牧草を入れていきます

snowgoat3

行儀良く食べてほしいと思うものの 食べ散らかす山羊さんもいます

性格なんでしょうね こっちのコンテナ箱に頭を突っ込み すぐに あっちのコンテナ箱へ

落ち着きがない山羊さんもいます

やっぱり 山羊さんも人間も同じなんですよ

1頭1頭 見た目も違い 性格も違います だから 接し方も違ってきます

ここ美濃加茂は 毎年 3回ほどは 雪が降りますが 根雪になるということはありません

だから 明日になれば

やっぱり ひと晩だけだったね ということになるでしょうね



 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1651-6a91a52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)