プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
見えてくるもの
25日 4回目の山羊さんの研究報告会がありました

山羊さん3頭も出勤し ちょっとした メェ~カフェが実現

高校生たちとのプロジェクト 山羊さんの置土産から手土産からできたスイーツも大人気

期間限定の中で リピーターさんも現れ あれよあれよという間に

25日の本番を迎える前に 売り切れてしまいました

そこで 24日の夕方に もうひと踏ん張り 高校生たちが作ってくれました

忘れないのが 高校生たちの笑顔でした

おいしかった というお客様の声 何より 売り切れてしまったという事実が

何より 彼女たちの笑顔につながったと思います

25日当日は 食べてくれたお客さまへのアンケート調査をし これからに役立たせる予定です


さて 研究報告会には 熊本での山羊サミットで出会った 2名の大学生も参加してくれました

東京と神奈川から 遠路遥々来てくれ とても感激

今年 岐阜大の学生たちと 新たな研究ができるといいなと思っています

実際のところ 山羊さんを通して 研究論文を書き上げることになるので

大学の先生の理解はもちろん 関東から岐阜へ来る旅費 実際かかる経費も必要です

何をするにも 研究費というのが必要なんです

研究し そして 1つの論文ができる

その論文が1つの目安となり 議論が生まれます

視点が違えば 当然 その論文の評価は分かれます

私は 分かれて当然のことだと思っています 

地域の環境が違うわけですからね

ただ その論文を通して メリット そして デメリットを整理し どう活用するか

それが もっとも大切なことです


今回 4回目の報告会を終え 参加してくれた方々から とても良かったという意見を頂いております

それは 実際 研究に従事していた 岐阜大学の先生と学生さん

そして 研究を応援してくれている 美濃加茂市さん 水資源機構さんたちがいてこそです

その中で 地域の農業企業として 新たに見えてきたことがあります

いいことは これからも継続できるようにしないといけません

逆に 見えてきた課題に対して もっともっと積極的に 突っ込んでいこうと思いました

それが 私たちの役目であり 私たちの存在価値だと感じました

大げさな言い方ですが 企業の存在価値を確認しながら 進めていきたいと思います

できるできないではなく やる それだけのことです

 



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1669-332b586b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)