プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
5年目開始
本当は ブログを更新している時間的余裕なんてなんですけど ( 笑 )

かなり時間に追われています

なので 考えないようにしています 

考えると たまった仕事が頭に浮かび 恐ろしくなるからです ( 笑 )


さて 今日から 5年目となる山羊さんの研究がスタートしました

元気よく 山羊さんたちは 広い広いフィールドに

地道に積み重ねられてきた山羊さんの研究は ゆっくりと周知されていることもあり

初日には 地元のメディアの方々の取材があり その対応も学生たちに任せています

fifth1

放牧初日は みんなで記念撮影です ( 笑 )

今年は 新たに4年生2名も加わり 新しい研究もスタートするようです

fifth2

午後から 学生たちは植生調査をスタートします

毎年 放牧前の植生を調査し 過去のデータと比較しています

fifth3

鎌で丁寧に生えている草を取り 総量や草の種類などを調べます

fifth4

岐阜大学 美濃加茂市 そして 私たちの三者の覚書は 今年が5年目となる最終年です

記者さんからも質問されましたが こうして集めたデータを どう地域に還元するか

あるいは 自然環境に還元するか

これから 新しい扉を開き 新しい価値観を創造していきます

ただ 新しいと言いながら 決して 新しいわけではなく 昔のやり方を現代風にアレンジしているだけ

温故知新という諺が適切かどうか分かりませんが

合理主義 利益重視によって失われてしまったものを もう一度 復活させる

それが 21世紀のテーマだと そんな感じに思っています

動植物との共生 手間をもう一度見つめ直す いろいろあると思います


山羊さんたちが放牧されることで 明らかに植生が変化しています

耕作放棄地になると 単調な植生になりがちですが

山羊さんたちが活躍することで 多様性が生まれます

ただし 時間がかかります 

失うのは一瞬ですが 取り戻すには 時間がかかること 私たちはしっかり受け止めないと

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1695-3d61a885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)