FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
名無しのごんべい
今、奥飛騨温泉ハウスから戻ってきた。
明日頃、今年一番の花が壮大に咲くだろう。

多いときで、一晩に500を超える。
いろんな品種が咲き乱れるので、特徴が良く分かる。
昨夜も近所の旅館に泊まったお客さんが、夜、花を見に来た。
ちょうど、私はそのハウスの中で泊まっていたので ・・・
翌日、帰られる際に、収穫したドラゴンを買っていただき、とても嬉しかった。

では、本題に。
トロピカルフルーツは、馴染みがないのか、総称で呼ばれるけれど品種が存在することを知らない。
いちご、なし、リンゴなどは品種で呼ばれるけれど、
ドラゴンフルーツやアセロラなどは、総称でしか呼ばれない。

知っていて呼ばれないならいいものの、品種があることすら知らないのが現状。

だけど、いちごなど存在することを考えれば、あって当然のこと。
ここが、私にはとても不思議なことなんです。
もちろん、品種登録されていない在来種もあるので、一概には言えないけれど。

マンゴーだって、そのとおり。
宮崎マンゴーとか、台湾マンゴー、メキシコマンゴー、フィリピンマンゴーって言うけれど、
それぞれ品種は存在する。
だから、見た目や味が異なっている。

消費者が知らないのなら、これは仕方がない。
流通者にはやっぱり、知ってほしい。
生産者は、厳しい言い方だけど、知らなければいけない。

国産のドラゴンフルーツには、品種が存在しないと言われている。
赤色の果肉、白色の果肉というのが一般的。
最近は、掛け合わせてピンクを改良したと言うことも聞いている。

私が言いたいのは、品種が存在することすら知らないで栽培することに疑問を抱く。
これでは、良いものは生まれない。
調べる、吟味することが生産者の務だと思う。

栽培 → 収穫 → 出荷
ではなく、
調査 → 栽培 → 吟味 → 出荷 → 調査 → 改良 なのである。
それができない状態では、これからの農業は ・・・ と私は危惧する。
もちろん、そういうことをやっている先輩方はいる、間違いなくいると思う。

自分たちが生産したものが、どういったところで消費されているのか?
どのように陳列されているのか?
などなど、やっぱり気にしたい。
そして、どうしたら?ということを常々考えていきたい。
その姿勢が、流通者、消費者への理解を深め、価格に反映していくのではないだろうか。

例えば、お前は何だ?と尋ねられたら
私は、人間ですって答えること。
日本人なのか、インド人なのか、それともアメリカ人なのか。
人種が存在するようにね。

名前を知らないで一緒に暮らしているようなもの、育てているようなもの。

日々の栽培、収穫作業で余裕がないのは分かるけど、
この辺りから変えていかないと、今の農業や流通は変わらない。

農業を変えるなら、流通者の理解が不可欠だ。
なぜなら、生産者と消費者は、流通者を通して成り立っていることがほとんどだから。

名無しのごんべい では、理解していただけない。


スポンサーサイト




この記事に対するコメント
品種名がキャラに
確かに、イチゴやリンゴ、ナシもブドウも、品種がちゃんと書いてある。
改良されて新種が出来ると、ちゃんと名前が付く・・・それがキャラにもなるし~。

南国系のフルーツは、日本で生産され始めた歴史も新しいせいか、まだ改良種が多いことさえ知られて無いかも・・・。

まだまだ遣ることが一杯ありますね。
【2008/07/15 13:34】 URL | ば〜ば #- [ 編集]

ば~ばさんへ
トロピカルフルーツだけが、生産地なんですよね。
おそらく、理解されていないのでしょうね。

知らないのは良いのですが、栽培しようと思って
知らないままというのが、私にはどうしても理解
できないのです。(笑)
それでは、説明できないですよね。

まだまだ、やることがたくさんあります。
【2008/07/15 21:40】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


<frusicさんの言いたいこと、よく分かります。
frusicさんは農業従事者ではあるけど、親子代々ってわけじゃないし
興味を持って始めた、言うなれば「新、農業者」なわけですよ。
元々、農業をやっている人にしたら、美味しい物を作るのは
真面目に一生懸命、汗を流す。
それだけで十分。って感じなのでしょうね。きっと。
もう一つ先、ってなかなか考えないのかも知れません。
これからの時代、新しい物を考え試行錯誤していく人が
農業に限らず残っていくと、私も思います。
消費者も目が肥えて、舌が肥えて、おまけに新しい物好きで飽き性だから(笑)
私の仕事も、技術が確かなだけでは長続きしない。
技術の説明が出来て、説得力と裏づけがあって
尚且つニーズに応えられなければ。
でも、改良の余地があるから面白いんですよね。
やることが、まだまだあるって幸せな事だと思います(=^▽^=)

【2008/07/16 01:39】 URL | りぼんねこ #- [ 編集]

りぼんねこさんへ
ご理解していただき、本当にありがとうございます。
もちろん、良い農産物を作ることが一番大切なことは
十分、分かっています。
だけど、いろいろ壁にぶちあたる度に、何が欠けているか
とかが見えてくるのです。

もう一つ先を考えることが、無意味なのか、必要なのかは
私にも分かりません。
ただ、生産者も売る意識がないと、これからはダメになるでしょう。
一歩ずつですが、階段を登ってきたからこそ、その先が
見えてきてしまう。
それを話すと、主題(本来の良い物を作るから)からズレてきてしまう
から、敢えて言えなかったのですが。

農業をどうとか、業業がどうとか、変えなければというならば、
流通をも巻き込まないと意味がないのです。

そうなんですよね。
生産者は技術者なんです。
個人差があり、その日の体調にも影響したり、時期によっても
変化する ・・・ いろんな要素に説明し、理解を得なければならない。

まだまだ、ありすぎるぐらいです。(笑)

何事も情熱がなければ、と思います。
【2008/07/16 07:36】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんばんは。
仰っていること、もっともだと思います。
自分の場合は楽器に思いをダブらせることが出来るかも。
どんなにテクニックがあっても、高価な楽器を持っていても、
楽器の知識がなければ本来の音を奏でることは出来ないと思っています。

ただ自分の場合はあくまでも趣味の世界、 frusic さんは生活がかかっています。
それに農業を変えたいという志を抱いておられる。
農業に関わるすべての要素や情報に集中しなくてはなりませんよね。
頭が下がります。
【2008/07/19 20:32】 URL | ギターオヤヂ #QjtTlS4. [ 編集]

ギターオヤヂさんへ
ありがとうございます。
正しいと思っていることが、社会で受入れられるとは
限らないんですよね。
そこが、難しいところです。
ギターオヤヂさんが仰るとおり、楽器でもそうだと思います。
それぞれの特徴があって、一つ一つでも若干の違いがあって
知ろうとしなければ分からないこともあります。

農業を変えたい、そう思って取り組んできたのですが、
意外にも流通者の協力がなければ、上手くいかないこが分かって
きました。
考えてみれば、その通りですよね。
出口がしっかりしていないとね。
【2008/07/19 22:52】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/175-fdd24167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)