プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
チアダン
また 寒波がやってきているようですね

こんなに冷たい冬は 初めてではないか そんなことを思ってみたりしています

最近 寂しいなと思うことがあります

それは 昔のことを思い出すことがないこと 

正確には 思い出す時間がない もっと言えば 時間的な余裕がないのでしょうね

それだけ 目の前のこと やることがいっぱいあることなので 

それは それで嬉しいことだし ありがたいことですが

それでも ふとしたことで 昔を思い出すと 何だか 寂しい気持ちになることがあります


昨夜は 妻と娘が出掛けていたので 家に1人でいました

カチャカチャとテレビのチャンネルを回していたら チア ダン がやっていました

福井の高校 実話をもとにできた映画

これがまた 超感動してしまいまして 1人で泣いてしまいました ( 笑 )

元々 涙腺は弱いです でも 人前では泣きません

ですが そんなこと関係なく 素晴らしい映画だなと 

自身の高校時代を思い出してしまいました 

今は いろんな生き方 いろんな考え方があるので どれが正しいとか 言えないけれど

ただ 努力したことは 絶対に無駄にはならないし

努力してもどうにもならないことだってあるけど それでも 努力しなければいけない とか

何かを変える 何かを得るには 何かを犠牲にしないといけない とか

私には とっても響きました 

よく 失敗しても 取り返せるとか言うけれど 実際は 取り返せないもの

私は 1回目の大学受験はダメだったので 浪人していますが

浪人した1年間は どうやっても 取り返せないですから

ただ その1年間は無駄ではないわけで これからの生き方次第でも変っていくもの

その時間は 決して取り返せるものではないからこそ 今 やる意味がある そう思っています

私は 失敗から学ぶことなどないと思っているし

失敗という言葉も 敢えて 使わないようにしています

それは 失敗は 単に過程に過ぎないから  全く 屁理屈ですね ( 笑 )


高校時代の同級生の息子さんが 大学へ行く4月まで時間があるからと

山羊さんのお世話など 今日から お手伝いに来てくれました

高校時代 そんなふうになるとは 全く想像すらできなかったこと

お子さんとお話をして 当時の高校時代を振り返ることができました

お互い 子を持つ親になったんだなと 不思議な感覚です

口では 年をとったとか言うし 鏡を見れば あぁ 年取ったと思うけど

なぜか 心は 当時と変わらないもの 心は年をとらないんでしょうね ( 笑 )

さて 私の娘も 今年から高校へ通います

6years

6 歳だった頃です

写真がなければ 何歳の時 どこへ行ったとか どこで 写真を撮ったとか 

たぶん 思い出すことはなかったんだろうなぁ

そう考えると 私の頭の中には 心の中には たくさんの思い出が封印されていて

機会がなければ あの当時の心境を 思い出すことはないんだろうなと思うと

なんだか とっても寂しくなってしまって

自身の人生を終える前に もう一度 自身が歩んできた道を しっかりと噛みしめる

そんな時間を持ちたいと思いました

走馬灯のように思う出すのではなく もう少し 余韻を楽しみたいかなと


たまたま見た チア ダン

まさに ありがとう



 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1776-e888737e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)