プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ざわつき
私は ざわつき というものが嫌い

たとえば 何か変化がありそうなとき そんなときは なんとなく周囲がざわつくものです

ざわつきに乗じて 何かを仕掛ける人もいるでしょうし

そういった場合の大概は 長続きしないことも多く 最終的には 元鞘に収まる

そんか感じでしょうか

考えてみれば 元鞘からすれば 都合の良い話

勝手にざわついて 勝手に期待して 仕掛けておいて 

利益にならないから はい さようなら やっぱり 虫が良過ぎると思います

とはいえ そうした ざわつきがあり 元鞘に収まることで

改めて その良さが見直されることになるので 長い目で見れば ざわつきは必要かも

それでも ざわつかれた方は たまったもんじゃないですよね ( 笑 )


さて 奥飛騨のバナナ 先日 収穫し 県外へと発送しました

受け入れてくれる方がいること 本当に嬉しいことです 作り甲斐もありますね

okubana1

okubana2

okubana3

数本 黄色くなり 完熟してきたところで 収穫します

すると 少しずつですが 全体に色づきがはじまり 収穫できるようになります

さて このバナナの新芽 ( 剣吸い芽 ) は 2016年の11月

一緒に育てていた 水吸い芽は 10月上旬に 収穫を終えています

新芽自体は 同じころでしたが 花芽をつけた時期が違います

水吸い芽の花芽は 4月下旬 それから 10月上旬 約160日ほどで収穫

剣吸い芽の花芽は 7月下旬 それから 2月下旬 約200日ほどで収穫

かなり違いが出ました ちょっとびっくりです

鉢に入れて栽培しているので 4代 5代も続くと 土も少なくなり 成長に影響するようなので

一度 入れ替えをした方がいいかもしれませんね

ただ 1つ言えることは 新芽から花芽まで 日数的にかかっているので

やっぱり 越冬できる仕組みが必要だと言うことです

もちろん 寒さに強い品種であれば いいのですが


さて 春になり 日差しが暖かくなってきたことで 植物たちも ざわつきはじめている

そんなふうに感じています

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1783-938982db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)