FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
夢のような日 ・・・ Part2
最近、みなさんのブログへお邪魔することができず ・・・ すみません。

夢のような日が続く。
暑苦しい仲間の鶯谷のりしー。
彼女たちは、若手料理研究家だ。
しーちゃんこと山崎志保さんのレシピと指導で、奥飛騨温泉ハウス内で料理教室が行われた。

地元の子供たちとドラゴンフルーツを収穫体験もした。
恐る恐る?ハサミで大きく熟したドラゴンフルーツをチョッキン。

ドラゴンフルーツの収穫体験が終了すると
予め、準備されていたアセロラを使って、超贅沢なアセロラアイス作りがスタート。
今回は、私たちが栽培しているフロリダスウィートを使用。
土台のアイスは、時間がかかるため、前日に仕込みをしていたから段取りOK。
卵アレルギーの子供たちも食べられるようにって、卵を使用しない。
アセロラの酸味や風味を生かしたアイス。

アイスを食べた後の甘ったるさが全然ない、すっきりとしたヨーグルト風味。
アセロラの香りや酸味が超生きていたよ。
さすが、素材を生かす職人技だった。

夢のような日がこうして過ぎていった。

ありがとう。

jyunbi-tyu

acerola-ice

ice-ice-ice

そうそう、このアセロラアイス
食べられるお店があります。
正確には、まだですけど。
暑苦しい仲間の一人、料理人(職人)が引き受けてくれるそうです。

詳しいことが決まったら、ブログにて紹介しますね。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント
嬉しい前進
またまた前進ですね~。
子供たちにとって、どんなにか思いで深い夏になったことでしょう。
(もち、frusicさんたちにとってもね)

商品開発も順調なようですし・・・飛騨温泉に行ったら、普通にアセロラやドラゴンのスイーツたちに出会える・・・そんな日も近いですね。
【2008/08/11 14:33】 URL | ば〜ば #- [ 編集]

ば~ばさんへ
嬉しい前進ですが、まだまだです。
私が目指しているところは、まだまだなんです。
ただ、子供たちと一緒にできたこと、子供たちの
親の世代とお話できたことは、とっても良かったです。

まだまだ、これからなんです。
これからが本当の戦いでもあります。
【2008/08/11 19:22】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


 確実に前に進んでいるって感じですね。
 うらやましいと同時に、自分はどうなのかと振り返ってしまいます。

 先ごろ、スーパーで沖縄産のドラゴンフルーツを見かけました。
 そうかぁ、スーパーにも並ぶようになったのかと、ちょっと感慨深かったです。
【2008/08/12 11:50】 URL | シチューパン #3p3E4xCk [ 編集]

シチューパンさんへ
少しずつですが、想いが叶っている感じです。
ですが、全てがうまくいっているというわけではないです。(笑)
ただ、想いをストレートに表現したい、その気持ちだけです。
数字を求めることも大切ですが、やはり、心の部分を基本ベースに
したいと私は思っています。
何せ、オリンピックではないですが、私は根性論で育ってきましたから。(笑)
アタックNo.1じゃないですが、苦しくったって~ ですからね。
耐えることがなければ、何も生まれないです。

そうですね。
私たちのところでも、沖縄産が目立ちます。
今がピークですからね。
それだけ、都心部で売れなくなってきたと言うことです。
出荷量が増えたというふうに考えるのは、間違いでしょうね。

裏事情は、厳しいのが現実なんです。
特に、馴染みのないトロピカルフルーツにとっては。
だからこそ、生産者が情報発信しなければいけないのです。
そして、何を伝えたいかということですね。
でも、みなさんに知っていただける機会ですから。
それは、それでヨシとしましょう。
【2008/08/12 14:23】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/183-8b10baa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)