FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
平成時代
今日で 平成という時代が終わります

私にとって 昭和という時代は 今の基礎が築かれた時代でした

若かったこともあり 何でもできるというか 純粋なエネルギーが満ちていました

過去を懐かしむということは ある意味 年を重ねた証拠かもしれませんが

それでも あの昭和という時代を生きてきたからこそ 今の自分があります

毎日を生きることが精一杯で 将来の自分を楽しみにしていた時代でもあります

そして 平成という時代 

大学進学と共に上京 いろんな意味で カルチャーショックを受けました

田舎から出ていき 東京駅での人の多さ 公共交通網には戸惑いを隠せませんでした

サークルが盛んな時代 どこどこで集合なんて言われても

どの電車を乗っていけばいいのか 駅を降りてから どう歩いていけばいいのか

都会育ちの同級生たちは スタスタと歩いていく

アルバイトもそう 何をしていいのやら 時給どうこうではなく 右も左も 全く分からなかった

何もかも 新しい生活に 取り残されないようにと 必死でした

唯一の救いは 自身の部屋があり そこで 自分だけの空間を作れたこと

煮干しで出汁をとり 味噌汁を作ったり

ちょっと格好つけて コーヒーミルを買い 豆からコーヒーを入れたり

休みの日には 朝から晩まで 音楽 

とりわけ それまで全く興味のなかった オールディーズにはまったり
 
将来に不安を感じながらも 何でもできる 何にでもなれると疑うことはなかったです

アルバイトにしても ただただ夕飯が食べられる それだけで選び

授業にも興味を示さず 出席だけ済ませれば あとは雀荘へ直行

努力もしないまま過ごした 大学の4年間

希望職種なんて考えもしなかった 当然 就職活動なんてうまくいくはずもなく

内定をほぼ頂いていた 最終面接では ことごとく反発してしまい ( 笑 )

今思うと 社会というのを 大人というものを すっかりなめていました

実績もない若造が ただただ生意気な態度をとり続け ほんと恥ずかしい

それでも 拾ってくれた企業はあったわけで

いろいろとあり たった1年ほどしかいられなかったですが

そのわずかの期間は 私にとって とても大きな意味を持たせてくれました

先輩上司からは たくさん可愛がってもらえたし たくさん叱られました

何より 先輩上司の背中から 営業というものを学びました

実家へ戻ることになり 土木技術者の道へ進むわけですが

土木業界にとっては ほんと厳しい時代

実家の土木事業を清算し 農業に本腰を入れていくわけですが

いまだに 厳しい時代を生きています

だから 私にとっての平成という時代は とにかく 迷いと耐える時代

さて 明日から 令和という新しい時代がやってきます

正直 どんな年になってほしいとか そんな期待などはありません

ただ 未来を想像し 今やれることを 1つ1つ積み重ねるだけ

残された時間を いかに有意義に活用するか

厳しい言い方をすれば ときには 切り捨てる勇気も必要なのかなと

技術者としての道を極めながら 営業もこなす

平成という時代は 専門職というものが求められ 仕事も細分化

ですが 人のいない地方にとって 中小零細企業では 全てをこなさないと

明日から 令和の時代が始まるものの 50間近にしても まだまだ基礎作り

平成時代よ ありがとう とは 心の底から言える自分がいないのが本音

ただ 昭和 平成 そして 令和

3つの時代を 生かさせてくれることには とても感謝しています

いつか 心の底から ありがとう と言えるように 

もっともっと 頑張っていかないといけないと思っています




   
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1866-f85425ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)