プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
意識改革
横浜での催事を終え 後片付けのため 奥飛騨へとんぼ返りした


いつものように 往復7時間

いつものように 川沿いの41号を走り

いつものように いろんなことを考えていた


私を幼少から知っている 幼なじみの1人は

小さい頃からの私を 『 信念の男 』 だと 言ってくれる

だから 私がブレなければ 今の取組みは上手くいくと ・・・

私は そんなに強い男でもない

だけど やりたい やろうと思うことは 必ずやり遂げたいと思っている

今の自分も 信じる道を 家族に負担をかけながら 仲間に支えられながら

ただただ 前へ進んでいる ・・・ 走り出した貨物列車の如く ・・・ 


建設業から農業へ ・・・ 意識改革が必要だと説いてきた

外で働くこと 体を動かすこと 使う機械の動作が似ていること などなど

類似点は多いけど 心の持ち方が全く違う 農業には 向き不向きがあると

それだけではない

食を扱うことの意味をしっかりと認識する必要があることが 浮き彫りとなった

言葉は悪いが 建設業は 工期内に一定以上の品質の工事を完了すれば良い

言い換えれば 個々の負担はあるだろうが やり直しがきくことが多い

もちろん その度合いにより 指名停止という処置を受けることもあるが

よっぽど悪質でない限り そこまでのお咎めはない

農産物を扱う 加工品を扱う いわば 食を扱う業種は

一度の小さな失敗が 取り返しのつかないことに発展してしまうことが多々あるのだ

つまり 一度の失敗で取引がナシとなってしまう


なぜ 建設業者が農業へ参入しても上手くいかないのだろう?

そんなことを考えたとき やはり 個々の厳しい意識改革が伴っていないからだと 私は思う

イオンさんが 農業参入を発表した

次々と大手が 参入し始めた今 

私たちのような 小さな農業生産法人は 

何を栽培するのか

何を求めて 農業をするのか

地域にどんな形で貢献していくのか

できない 売れない ダメだ ・・・ ではなく 何をどうすれば良いのか

何が求められているのか

私も偉そうなことは言えないが 自分たちが目指す農業を考え 突き進む

今までとは違った 意識改革が必要だと思う


今までのやり方 表面的なやり方だけでは 行き詰ってしまっていることは

もはや 周知のこと

もう一度 時間がかかっても 土を耕すことから始めなければ ・・・





 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/384-66c804ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)