プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
今を生きる
バタバタとする日が続く

ブログ更新する余裕なんて ないのだけど フルージックの軌跡として残しておきたい ・・・

ということで (笑) 少々現実逃避気味です


連日 奥飛騨の紅葉シーズンと重なり たくさんのお客さんが遊びに来てくれています

本当にありがたく それに応えなければと 焦りもあるのも事実

それに この賑わいも一時であって 持続するための次の一手を しっかりと考えなければと

不安と希望の中で 揺れ動く心境を楽しんでいる?自分もいる

風呂敷を広げるのか 今の状態でコンパクトにまとめるのか 選択も迫られる


避けられないことは それはそれで しっかりと受け止め

その中で フルージックの進む道を 焦らずしっかりと見極めて歩んでいきたい

今と将来 時には 相矛盾することだと言う人もいるかもしれないけれど

私は そうは思わない

将来を見据えて取組むからこそ 今があると 私は考えているから

今を生きる ・・・ そこには 将来の希望が存在していてほしい


2年前 種を蒔いた(苗木を植えた)イエロードラゴンたちが 花を咲かせようとしている

yellow1

3年目の冬を迎えた今年は 600前後(初年度は30前後)の花を咲かせる

当初は 奥飛騨で育つのか 越冬して収穫できるイエローが 本当に大丈夫なのか?と

疑う人もたくさんいたけれど 今は いない

事実として しっかりと見ることができ 私たちの期待以上に 花を咲かせ 実をつけてくれる


仲間に支えられ 先を見て 今を大切にしてきたことが しっかりと軌跡となっている

まだまだ フルージックの挑戦は続く

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/455-631812cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)