プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
2年越し
今日は 岐阜県地球温暖化防止活動事例発表会だった

昨年は 優秀賞だった

今年こそと思い望んだプレゼン ・・・ 4分という限られた時間の中での説明

正直 上手くいかなかった

逆に 厳しい的を得た質問をされた方に助けられた

そこで 内容をつけたすことができた

結果は 最優秀賞という評価をいただき 来年2月に開催される

環境省主催の全国大会に 岐阜県代表として参加させていただけるという特典をいただいた

温泉熱を利用した取組みは 今年3年目を迎えている

奥飛騨の温泉の歴史を学んでいくと 温泉熱を床暖に利用する技術は

昭和45年ごろからスタートしていたようで ・・・

先人たちの技術革新の上で 今のフルージックが成り立っていることが分かる


奥飛騨温泉郷新平湯温泉では 温泉熱でスッポンを育てようと

『 湯けむり美人 』 という名で スッポン鍋をスタートさせるようだし

私たちのハウスがある栃尾温泉では 温泉熱で フロリダスウィートというアセロラを

本格的に栽培しようという計画もある

実際問題として 温泉ハウスを建て 南国フルーツを栽培することでは

直接的に 二酸化炭素排出削減にはつながらないかもしれないけれど

新エネルギーの可能性 地域産業との連携が生まれていけば

循環型社会 低炭素社会の実現ができ

間接的かもしれないけれど 削減へとつながっていくと思う

まだまだ 温泉熱を利用した農業は 始まったばかり

じっくりと じわじわと 地域の方々に理解されながら 頑張っていきたい


魅力ある農産物を作ることで お客様が喜び

結果として 奥飛騨は良かったと言われるようになったら 本当に嬉しい


ありがとうございました


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/470-3cf9c4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)