FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
雪崩
今朝 奥飛騨 ( 栃尾 ) から連絡が入りました

『 温泉が止まる ハウス内のドラゴンたちは大丈夫か? 』

どうやら ここのところの大雪で小さな雪崩が起き 温泉の配管が損傷したとのこと

メンテナンスのため 一時的にストップする そんな連絡でした

改めて 自然エネルギーが抱える怖さ 問題点を再認識しました

コンクリート内の蓄熱があるし 霜露があたることがないので 心配はしていません

それに 温泉は 奥飛騨にとって重要なライフライン

迅速な対応 復旧作業が行われることでしょう 

それは 温泉と生きてきた先人たちの長い歴史があるからこそ できることなのでしょう


ドラゴンフルーツ栽培をしたいと仰る方に よく説明するのですが ・・・

一般的には 7度とか8度以下にならないようにと言われていますが

それは あくまで 路地栽培の統計であって

雨露 霜があたらないハウス栽培にとっては その限りではないと 思っています

また 冷たい風があたらない それに 植物の進化を考えれば ・・・

とはいえ 一般的な知識は大切な目安 私たちにとっては 良いバイブルになります


私は よくこんなことを言います

『 霜露 風があたらないハウス 地熱で足元から暖まる設備が整っていれば 0度でも大丈夫 』

ただし 水分がほとんどのドラゴンフルーツにとっては 0度を下回ると厳しい状況になると思います

なぜなら 水分が凍る可能性があるからです

しかしながら どうなんだろう?

ふと こんなことを思い出しました

空輸されたドラゴンフルーツたち ・・・ おそらく 上空では零下だったのでは?

ただ 根を張り水を吸い上げるドラゴンフルーツたちと 水を吸い上げる状態でないものとでは

明らかに違いがあることも想像できます


肝心なことは 24時間以上 厳しい環境に置かないこと

一時的には 零下になっても 日中 天気が回復されれば ダメージはさほどないと思われます

それが 私たちが経験し 学んでいることです

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

<生き物相手は大変ですよね。
教科書通りに進むことばかりではないですものね。
ココの所こちらも随分冷え込みますが
そんな中で花を咲かせている植物を見ると健気さに涙がこぼれたりします。
奥飛騨はすっかり雪景色でしょうね。
frusicさんのファンのためにもドラゴンチャンのためにも
お身体ご自愛くださいませ。
【2009/12/21 22:51】 URL | りぼんねこ #- [ 編集]

りぼんねこさま
ありがとうございます
生き物相手 教科書どおりにはいかないので ・・・
思い切りの判断が 大切かもしれません
いつも 植物たちから いろんなことを教えていただいている
そんな感じです
はい 奥飛騨はすっかり雪景色です
さっきも連絡があり 現地は-5ほどだって ハウス内は12度
ドラゴンたちは 3度目の冬なので 心配ないですが 今 咲き始めた
バナナたちが心配です

りぼんねこさんも お体 ご自愛下さい
【2009/12/22 09:12】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/497-803bc260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)