FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
救われた・・・一枚
生産し続ける現実・・・農業への熱い想い・・・

接点はあるのだろうか・・・自信がなくなると考え込む。

人は弱い存在なのでしょうか・・・


昨年、あるイベントでベトナムへ行ってきました。
日本とベトナムの友好を深めるということで・・・ハノイ、ホーチミンを訪問しました。
本来なら、日本の桜を植樹する予定でしたが、気候があわないということで、アセロラを植えに行きました。
ベトナムで桜と言えば、『アセロラ』という回答だったのです。
アセロラは、Barbados Cherryとも呼ばれ、原産はバルバドス諸島と言われているそうです。
いわゆる、チェリーつながりでしょう。

ベトナムは2回目でした。色使いの美しい国です。とても、戦争があったとは思えないほど綺麗で、活気ある国でした。
もちろん、一歩入るとその爪あとが・・・。

行きたくなかったのですが、戦争記念館へ。あまりの生々しい写真で絶句状態でした。自然とあふれ出る涙。凝視できませんでした。
ご飯も喉を通らないほど・・・ショックでした。
大好きなカメラのシャッターを押すことさえも・・・。

ツアーでメコンクルーズに参加。
(これも2回目でしたが、中州の島へ行って子供たちの歌声が聞きたかった)

乗り合わせたボートで・・・パシャ。なぜか、無心でした。

家族の希望

お父さん、お母さん、お子さん・・・。
なぜか、こころが清められるように落ち着いてきたのです。
家族が見つめる方向・・・何が見えるのか分かりませんが、前へ進もうとする姿なのか・・・強い絆を感じました。
お父さんが後ろから見守る姿が、本当に優しくて強そうで・・・。

今でも、私の宝物です。

そうだ。迷ったときほど、前へ進んでみよう。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

私もこの春、カンボジアに行ってきましたが、学ぶべきことがいっぱいありましたねえ。
彼等の宇宙観というか世界観っていうのは、西洋文明とは全く異なる、もっと過去世・現世・未来世を見通した、広大なスパンで物事を見るっていうような気がします。
【2007/08/04 12:29】 URL | ゆみたん #- [ 編集]


こんにちは。

「逃げ道はいつも前にある。前に逃げることを‘進む’という」
中谷彰宏名言集にあるひとことです。
さらに、
「迷うから立ち止まるのではない。立ち止まるから迷うのだ」

言い得て妙ですね。

【2007/08/04 12:39】 URL | ママちゃん #- [ 編集]


こんにちは^^

何も無くても、向かなくてはいけない。。後ろを振り返ってはいけない。。。
考えさせられます。。。

人魚ママがいつも。。。
「前向いて。笑顔」って
何が、あっても前を向いて笑顔でいるとイイ事がきっと向こうから来てくれる。
っと行ってます。

【2007/08/04 17:01】 URL | 人魚♪ #- [ 編集]


FRUSICさん、こんにちは。
「前に進む事」、時には本当にこの道でいいのかって不安になったり
後ろに戻りたくなったり、止まって休憩したくなったり・・
「前に進みたい」っていう気持ちがあれば、ちょっと遠回りをしても
きっと進んでいけると思います。
迷った時は自分の気持ちを信じて下さい。
【2007/08/04 17:51】 URL | ako #- [ 編集]


こんにちは。何度も僕のブログに訪問していただいてますね。
いつもコメントをくださって、ありがとうございます。
さて、何度か訪問させていただいていたのですが(極稀にで、すみません)、
なんと、コメント残してないんですね、僕。多分。(ホントすみません。)

というわけで、多分初のコメント、となるわけですが。。。
自信がなくなると、考え込む。とてもいいことだと思います。
いつも、振り返らないで突っ走るよりも、そのときに苦しんで苦しんで、
悩んだあと、その自信は、もっと強く確かなモノになると思います。

ところで、ベトナムですか。僕行ったことないんです。
行ってみたいですね。戦争はとても悲しいものだけれど、向き合って、見つめて、
語り継がなければいけないのだと思います。
二度と、あんなことをしてはいけないんです。
人が人の命を奪うなんて事、あってはならないんです。
人だけに言えることではないけれど、みんな必死に生きてるんです、きっと。
いつだって、何かを想って。
迷うことがあったって、みんな目指す方へ、進むんです。
迷って、道を見失ったら、創っていくしか、ないんですよね。

長文、乱文、失礼しました!
【2007/08/04 18:02】 URL | 魅月 優羅 #- [ 編集]


こんにちは。
ベトナム、いつか行ってみたいです。イギリスに来て、ベトナム人のお友達が何人かできました。みんな、とても優しくて人懐っこいきれいな女性ばかりなんですが・・・。
でも、たまに話の端々に、祖国は大変なんだというのが伝わってきます。
電話が無いとか、一時帰国すると親戚一同に取り囲まれ、お金をせびられるなど・・・。
戦争から随分年月が経っているのに、あまり豊かでない様子です。
同じくアジアの国出身として聞いていると、とても悲しくなりますね。
早く、国が発展して、人々の暮らしにもう少しゆとりができるといいのですが・・・。
外国資本にいいように使われているばかりでは、時間がかかるでしょうね。

【2007/08/04 19:01】 URL | まぐのりあ #- [ 編集]


戦争の傷跡というのはできれば見たくない、と言う気持ちも
ありますが、実際に起こったこととして受け取り、後世に
伝えていくべきことでしょうね。
海外に住み、日本では見たことの無い映像、日本人がずいぶん
ひどいことをした記録などを見る機会に恵まれると、
『私は今まで何も知らずにいた』ことに愕然とします。

【2007/08/04 22:13】 URL | サレルニターナ #- [ 編集]

家族の絆.....
アメリカで単身、生活していると、親ありがたみは計り知れません。
 時折、国際電話をかけてきてくれる母の声が、励みになります。
写真の家族を見て、少しだけ
 「 帰国して、両親を安心させてあげようかな 」と思ってしまいました。

ここアメリカでは、ベトナム人や黒人に対する差別は、いまだにあります。
 内陸に行けば、日本人に対しての差別も、まだ続いています。
戦争で残るのは、一部の人間の自己満足と、
 その後何十年、何百年も続く苦悩しかありませんよね。

今また、ブッシュは何を目指しているのか。。。??
 報復は、報復しか生み出さないのに、、、、、。
【2007/08/05 04:21】 URL | la-shuraku #- [ 編集]


こんばんは。

外国に行くと、日本での暮らしがいかに
恵まれているか実感させられますよね。
特にアジアの国々のひとに接すると
その生命力の強さに圧倒されます。
そして、自分が小さいなぁって思い知らされます。

次にベトナムに行ったら、戦争記念館にも行ってみます。
【2007/08/05 04:25】 URL | sacori #- [ 編集]

ゆみたんさんへ
カンボジアはまだ行ったことがありません。
行かれた方は、口を揃えて、『良かった』と言います。
いつか行きたいと思っています。

私たちとは違う、広大な世界観を持っているというのは、何となくですが
理解できますね。
【2007/08/05 09:57】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ママちゃんさんへ
ママちゃんさんのブログを読んでいていつも感じるのですが、
相当に教養がありますね。
私、その手の女性には、弱いんですよ。(笑)
弱いというのは苦手ではなく、惹かれると言うことですよ。

私も教養ある大人でありたいと思います。
もう少し、本を読んでいればよかったと後悔しています。
【2007/08/05 09:59】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

人魚さんへ
そうなんです。
いつも前向いて、顔上げて、笑っていると
いいことはやってきます。

逆に落ち込んで、いつもネガティブに生きていると
どんどん悪い方向へ。

笑うことは大切です。
【2007/08/05 10:01】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

akoさんへ
応援ありがとうございます。
前へ進むことが、私の唯一の長所みたいなものです。
しかし、悩むという性格も持ち合わせています。
大概、行動が勝っちゃうんですけどね。(笑)

ただ、今回は失敗できないという思いが強いので
慎重になり気味です。
【2007/08/05 10:03】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

魅月 優羅さんへ
コメントありがとうございます。
私のブログは、いつも行き当たりばったりなので、
コメント書きにくいと思います。(笑)

人間、悩むことができるからこそ、進んでいけるのだと思います。
それに、伝えていかなければいけないこと、
良いことも反省すべきこともですね。
反省すべきことは、敬遠しがちだけど、それこそ重要なんです。

迷いを与えてくれる・・・まだまだ伸びる可能性があると解釈しています。
【2007/08/05 10:08】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

まぐのりあさんへ
ベトナムの人は、世界各地で見られます。
うわさでは、女性はすごく働き者だそうです。
じゃあ、男性は?  ・・・だそうです。
お金を要求は、一歩中へ入ると現実にあるようです。
ただ、命までは取られませんが。
外国資本が入り、貧富の差が激しくなってきています。
町では、建設ラッシュが・・・
『ここは、日本?』と思うほど、日本の土建屋さんの名前が書かれた
重機がいっぱいです。
日本では、環境汚染だからと言って、排ガス規制の重機以外は使用できない
(公共事業)のですが、それをクリアできない重機をアジア諸国に売り飛ばし、
それを使わせている。
やがて、その環境汚染された空気が、風や雨になって日本へ降り注ぐ。
政府は全く何を考えているのやら・・・あきれますね。
【2007/08/05 10:14】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

サレルニターナさんへ
戦争は、あらゆる自尊心を奪ってしまいます。
戦勝国が正義という考えは成り立ちません。
もちろん、良心を裏切らず、人として生き続けた人もいます。

目を背けたくなることを、後世に残していく・・・これも私たちの仕事ですね。
同じ過ちを繰り返さないためにも。
【2007/08/05 10:19】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

la-shuraku さんへ
思い切って、帰ってください。
きっと喜びますよ。
ただ、また戻るときを考えると・・・。
でも、帰れるなら帰ってハグしてあげてください。

学生時代、アメリカ、カナダと車とグレイハウンドで
縦横断しました。(超貧乏旅行で、ユース宿泊)
そこで、初めて本当のアメリカを見ました。
今まで、ブラウン管通して見ていたアメリカは何?でした。
土台でしっかり支えている人がいるから・・・と思いました。
それは、田舎へ行くほど実感しました。
B-29で爆撃していたパイロットにも会いました。
(ユースホステルのオーナーだった)
稼ぐ場所もなく・・・深夜のバスディーポで別れを惜しむ
家族とも遭遇しました。軍隊が一番の生きる道・・・。

人種差別は、私も受けました。(高校時代)
アメフトの組体操、『イエロー』なんて言われてやっていました。
でも、能天気な私はどうでもいいやと思い、取組んでいたら
いつのまにか・・・でした。
もちろん、根っからの人種差別思考?の人は別にして、理解し合えば
できるもんだと私は信じています。
する側の知識不足もダメですが、されて一歩下がるのか、それとも
一歩前に出るのかも大きな問題ですね。

私もブッシュさんは、苦手です。
何を求めているのかが、さっぱり分かりません。
もちろん、一部の利益?
【2007/08/05 10:29】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

sacoriさんへ
私も同じです。
なんて恵まれているんだと思います。
また、その反面、こころは、私たちのほうが貧しいのかな・・・と思います。
外国行って、人と接したり、自然を見て
『なんてちっぽけなこと考えていたのだろう』と思うことがよくあります。
時間に余裕があるから、そう思えるのでしょうね。

戦争記念館、こころして行ってきてください。
羽織るものも必要かも。
暑いですが、寒気も出ます。
【2007/08/05 10:33】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

その1
<私も先月、ベトナムへ行ってきました。
ベトナムの方は、「もうアメリカを恨んではいない。
恨む年代の人は、もう、戦争で死んでしまった。
新しい年代の人は、新しい未来を作っていけば良い」
と言う、感じのことを言っていらっしゃいました。
なかなか、そう思いたくても、言えない言葉だと、感動しました。
>>そうだ。迷ったときほど、前へ進んでみよう
FRUSICさんの言葉にも、同じ心を感じますね(^^)
【2007/08/06 01:09】 URL | りぼんねこ #- [ 編集]

りぼんねこさんへ
そうですね。
なかなか言える言葉ではありません。
そう言える・・・芯からの強さの現れでしょう。
そして、前を向いて進まなければ何もできない・・・強い意志を感じます。

私も迷いっぱなし?です。
でも、気付いたら40まであと数年。
進まなければ・・・と鞭打っています。(笑)
【2007/08/06 08:35】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/50-3e76dc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)