プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
屁・理屈
a snow road

年が明け 今年初の温泉ハウスでのお泊り

例年通り 快適に過ごすことができました

朝起きてみると 朝方降ったのか 道路はうっすらと雪化粧

どこか一部に固まることもなく 見渡す限り 均一に積もっている様子

どこか一部が暖かく 雪化粧できないところもなく

自分の足で 第一歩を踏み出し 跡をつけてしまうのを躊躇ってしまう そんな朝でした

snow cap

松の木の枝葉は 白い綿帽子でできた スノーキャップをかぶり どことなく暖かそう

刺々しさもなく 落ち着いて 春を待つ ・・・ そんな心境なのだろうか


さて 最近 『 地産地消 』 という言葉 よく耳にしたり 目にしたり 口にしたりします

字の如く その地で採れたものは その地で消費する ごくごく普通なことです

温暖化防止につながる フードマイレージという観念から 余分なエネルギーを使わない

そんな観点からも議論されることになりました

エネルギー問題 経済性などなど 当然考えらなければならないことですが

一農家として考えるならば 収穫してすぐに召し上がっていただきたい

収穫する直前まで ギリギリまで 木の上で熟させたいと思います

もちろん 全ての農産物に当てはまるものではないかもしれませんが

環境云々ではなく 採れたてを美味しく食べる

これが 本来の 『 地産地消 』 の魅力なのではないでしょうか 


そんなことを考えるようになったことは 農家として 一歩前進した証なのかもしれません

屁理屈かもしれませんが 立つスタンスによって いろんな考え方があることを学んでいます

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
相互リンクのお願い
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
Hmi9HwOu
【2010/01/10 17:16】 URL | 相互リンクのお願い #BdFh1f3s [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/511-78b7bb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)