FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
第2ラウンド・・・”カーン”
第2ラウンド開始のゴングが鳴った。

えっ?何が?

異種格闘技ですよ。

人間 対 昆虫

両者の言い分は 『 生きること 』 です。

お互い一歩もゆずらずの攻防・・・いつまで続くのか・・・。

アブラムシに上陸を許す・・・
アブラムシ上陸


私たちの助っ人?のアリさん・・・『どこから攻めれば・・・』
アブラムシとアリ


アブラムシの発生は、時期があります。春先とか。
この時期に集中して消毒しないと、取り返しのつかない状況になる場合があります。ポツポツ・・・気付いたら早めに処置を。
最近、オーガニックとか農薬をまかないとか良く聞く言葉です。
今までのやり方があまりにもズサン過ぎたため、過敏に反応してしまってきているように感じます。
自分たちが食べる量であれば可能な範囲かもしれませんが、商業というレベルで栽培が進むと限りなく不可能に近いと感じています。

誰しも農薬なんてと思います。しかしながら、自然界の力はとてつもなく大きいのです。肝心なことは、必要以上の農薬をかけない、減らす努力をする、そして、栽培する者がそれを食べられるかということです。
それに、使用したらその旨を伝えることも大切です。

今日から始まった戦いは、ヨウトムシです。
前回は6月頃ありました。ヨウトムシの大群です。アセロラやドラゴンの新芽を次から次へと食べていきます。夜に活動し、日中は土に戻ります。まさにゲリラ戦。
夜は、バグライト(光でおびき寄せファンで吸い込む)で成虫を捕獲し、朝早くから手作業でヨウトムシを一匹一匹手で捕獲します。見つけた卵は取り除きます。

ヨウトムシの写真は、あまりにもエグいので載せません。
ヨウトムシも知恵を振り絞ります。私たちの手が伸びると、一瞬にして体を丸め、あっと思ったときにはスカイダイビングするように、下へ落下します。そこで、私たちはまず見つけたら、落ちても大丈夫なように受け皿を用意して手を伸ばします。
捕獲すればするほど、数が増えていく・・・。
これから2週間余り、肉弾戦になるでしょう。

どうにも手に負えなくなれば、薬をまきます。

収穫するアセロラとドラゴンの被害は微少なのがありがたいことです。
新芽を出す伸び盛りほど、被害に合うのです。

間違って虫の世界のあの世に行けば、私は間違いなく地獄決定です。
許して下さい。私たちも生きるためなのです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

お久しぶりです。
コメントありがとうございました。
大変そうですね。でもfrusicさんの作られたものは安心して食べられますね。
頑張ってください!
【2007/08/07 16:14】 URL | みつき #- [ 編集]


虫嫌いの私には結構キツイエントリーでした(笑)
想像しただけで気持ち悪くなっちゃう。
でも努力して虫と戦ってるんですよね。
すごいなー尊敬しちゃう。
【2007/08/07 16:56】 URL | とおこ。 #- [ 編集]

虫だっておいしいもの食べたい!
新芽ほどおいしいのでしょうね。

大きい虫を殺すのにはしのびなくて、よそのどうでもいい葉っぱに移してやる、
としますよね。これっておいしくなーい!って言ってるかもしれませんね。

【2007/08/07 20:08】 URL | なぎさ #- [ 編集]


こんばんはv-484

たしかに最近の消費者は潔癖症?に近いものがありますよね。
私はそこまで農薬を気にしたことないですが。食品添加物やアレルギーについてもそうです。抗菌グッズなんてとんでもなく馬鹿馬鹿しいと思ってます。

清濁あわせ飲むしかないでしょう。最終的に淘汰された遺伝子だけが残っていくんですよ。
さすがに怪しいモノは嫌ですけど。(中国産のように)

要は生産者と消費者の信頼関係ですよね。
【2007/08/07 20:40】 URL | ママちゃん #- [ 編集]


こんにちは。
素敵なグリーンハウスに、美味しい葉っぱ・・・。
虫たちにとっては、まさに天国のようなところですよね。
でも、人間にとっては、害虫なんですから、
仕方ないですよ。
駆除するの大変そうですね。
てんとう虫を飼ってパトロールさせるとか、どうでしょう?
そんなに簡単にはいきませんよね・・・。

【2007/08/07 21:14】 URL | まぐのりあ #- [ 編集]


おいしいから虫も食べる。虫はグルメだ。
・・・・けど、やっぱり気持ちわるーい!
JAとかの産直野菜とか買うとナメクジが大量に
いたことがあって怖かった。
農薬も使わないのがいいんだろうけど、難しいですね。
【2007/08/07 21:34】 URL | ゆずぴ #- [ 編集]


コメント遅れてスミマセン^^;

frusicサンもテニスやってたんですかッ楽しいですよねーテニス!
確かに野球やってるとスウィングすごそうですね。最初はアウトばっかりじゃなかったですか?
そんで足でラケット折るってどんだけですか!ある意味すごいですね!! 笑

あ、私は前衛やってましたよ♪ ←過去形なのが寂しい(ノД')゚゚・。
背が高いからって理由でやらされてたんですけど、走るの嫌いな私にとっては嬉しいポジションでした 笑

でわ乱文失礼しました!
【2007/08/07 23:48】 URL | 菜々 #MDMkRtpI [ 編集]


こんばんは。

新芽って美味しいんですね。虫たちにとっても。
害虫って上の写真くらい激しくつくのですか・・・衝撃です。
やっぱりテントウムシどころじゃ間に合いそうにないですね。
【2007/08/08 03:48】 URL | sacori #- [ 編集]


ヨウトムシの画像がなくて助かりました。
あったらブログ訪問できなかったところです。(虫大苦手です。)
ムシがくる、ということはその植物は美味しい、ということですが、
不恰好なフルーツは売り物にならない、という現実もありますよね。
消費者も意識を変えていく必要があるでしょうね。
ちなみに、イタリアは結構不恰好なフルーツも売られてます。
【2007/08/08 04:05】 URL | サレルニターナ #- [ 編集]

みつきさんへ
お久しぶりです。
大変と言うか・・・ただの右往左往状態です。
『安心』、直接つながりがなくても『信頼関係』が成り立つ
仕事がしたいと思います。
【2007/08/08 08:14】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

とおこさんへ
虫が好きな人は、なかなかいないと思う。
カブトムシやクワガタとは違うと思うし。
虫が好きという人であっても、蚊を好きな方は・・・と思います。

仕方がないといっても、退治することに少しだけ戸惑いが残っています。
【2007/08/08 08:16】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

なぎささんへ
『美味しくないー』と言っている?と思いますよ。
新芽は柔らかいですから。
それに、栄養も豊富なんでしょう。

オーガニックを目指す人で、葉についた毛虫をとなりの葉へ
うつす人を見たことがあります。
結局、美味しいところへ戻ってくるのです。
それに、そこまでの心のゆとりがありません・・・。
【2007/08/08 08:19】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ママちゃんさんへ
『信頼関係』・・・まさにその通りです。
私も農業を始めたころは、あれやこれやと理想を持っていました。
しかし、人間も地球上で生かされてると悟らされるようになってから、
少しずつ、その思い込みが和らいできたように感じます。

何もかも完璧にできることなんかない・・・と割切るわけではありませんが、
ゆとりが必要かもしれません。
ただ、教育のようなゆとりは、ダメでしたね。
【2007/08/08 08:23】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

まぐのりあさんへ
当初は、そのように絵を描いていました。
ハーブ類を脇に植えれば・・・とか。
そう簡単なことでは・・・というのが実感です。

やっぱり、清潔に保つことが一番かもしれません。
例えば、切った枝や葉は下に落としても、すぐに片付けるとか。
そこから、蔓延ります。

さすがに増え始めると、てんとう虫君たちだけでは、多勢に無勢です。
【2007/08/08 08:26】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ゆずぴさんへ
JAでもありましたか・・・。
全国的に『無農薬』という言葉はブームですから。
民間の宅配業者さんも野菜を運んでくれますよね。
それにもたくさん虫がいます。

農薬は嫌だ・・・でも、虫も嫌だ・・・
じゃー農薬という言葉を変えれば?とも思ってしまう。

私たちのフルーツは、出荷する前に歯ブラシなどで、
掃除します。掃除できるものだからいいけど、キャベツなど
中にいるものはどうにもできないですよね。
やっぱり、綺麗なもんを買いたいというのは、誰にでもあると思います。
【2007/08/08 08:30】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

菜々さんへ
いえいえ、こちらこそコメントありがとうございます。
後衛でした。
本当は、前衛をしたかったのですが。
それに、性格的にも前衛です。
後衛のように我慢強くラリーできません。(笑)

その性格が農業にもあらわれなければ・・・と心配しています。
【2007/08/08 08:34】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

sacoriさんへ
虫の被害はあっという間です。
一晩に想像できないほどに膨れ上がります。
働く人たちもノイローゼになるほど、頭を悩ませます。
特に、自然に反した?ハウス栽培となると、天敵がいなかったり、
環境的に整っていたりと・・・すごいです。

てんとう虫さんのパトロールどころではないかもね。
ものすごいてんとう虫さんがいればいいのですが・・・
でも、これも増えたら増えたで影響がでるかもしれません。
【2007/08/08 08:37】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

サレルニターナさんへ
格好が悪いからこそ、農業は芸術だと思うのですけどね。
だけど、日本ではそれがなかなか受けません。
受けないものを売っていても、売れなければ、その果物たちに
申し訳ない。最終的には会社もダメージ。

なんとか、売れるように努力しなければいけませんね。
【2007/08/08 08:39】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/53-a192edb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)