プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ベトナム
前原大臣が ベトナムでのインフラ整備のトップセールスに 成果があったと記者会見したそうです

そう言えば 10年以上前にベトナムへ行ったときを思い出してみました ・・・

そうそう ドラゴンフルーツを知ったのは ベトナムが最初

見た目のインパクトだけで 味については 全く印象になかったというのが 当時の感想

それが 今 ドラゴンフルーツ栽培をしているんですから 人生 分かりませんね

vietnam1

vietnam2

とにかく海が綺麗だったことに びっくりしました 綺麗なブルーでした

vietnam3

宿泊したのは ニャチャンというリゾート地のアナマンダラというホテル

当時 まだまだ知られていなかったので 宿泊したのは 私たちぐらい?という

ほぼ貸し切り状態だったことを覚えています

観光は 日本語を話せるガイドさんと一緒 いろいろ案内していただきました

vietnam4

当時は バリバリの建設業の技術者?だったので まず びっくりしたことは

円借款という形で 大型のインフラ整備が行われていたことです

また ○○建設 とか ○○土建 とか書かれたままの状態の重機を( 日本で使用されなくなった建設機械 )

建設現場の至る所で 目にしたことです

ひねくれものの私は その頃から 建設機械の排ガス規制が厳しくなったことに対し ・・・

日本でいくら規制しても 海外で使用されれば 結局は一緒じゃんと言い 反発していたこともあり

それなのに 今は 温泉熱を利用した環境配慮型ハウスですから ・・・

私自身 どうなってんの?といった感じですが ・・・
 
一応 見方を変えれば 経験を活かしているということで ・・・ そういうことです(笑) 

それから 数年後 いろいろあって 再び ベトナムへ

橋や道路 などなど とにかく 日本の建設会社ばかり 

いずれ ハノイ~ホーチミン間 新幹線が走る時代がくるぞと

鉄道マニアではないけれど そんなふうに思っていました

長年の積重ね(自民党時代)があって 今回のトップセールスの結果につながったのかもしれませんね

大臣サイドからは 何を言っているだ!と お叱りを受けるかも知れませんが

とはいえ この円借款自体 問題視する意見もあったりと ・・・ 難しいですね


でも 農業も負けじと難しいですよ

売込みに失敗すれば それでアウトですから

そういえば ベトナムのドラゴンフルーツ 輸入解禁となりました(昨年だったと思う)

私たちも負けじと 美味しいドラゴンフルーツを作り続けますよ!

じゃないと アウトですから





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

<ベトナムに限らず、どの国も利便性を追及しすぎると
又、新たな問題が起こってくるのではないかと思います。
そもそも、飢饉や死に至る貧困を抱えている国でなければ
発展すると言うことに、それほど意味があるのか疑問です。

ベトナムの果物は同じ品種でも味にバラツキがありすぎでした。
タイやマレーシアのものと比べると
どれもあまり美味しくなかったし。。。。
常夏の国と言っても
季節にも関係するのでしょうか?
よく、日本人は、外国のものを真似て、もっと良いものを作る、と言われます。
電化製品や車と同じように
南国のフルーツも、美味しいものは日本にある、
って言う日を楽しみにしています☆
【2010/05/06 10:14】 URL | りぼんねこ #- [ 編集]

りぼんねこさんへ
仰るとおりですね
何か1つ 手をつければ 何か1つ消えていく
文化や文明と言えば それまでなのでしょうけど
人の庭が良く見えてしまう ないものねだりをしてしまう
10人が10人 100人が100人納得するようなことは 難しいことでしょうね
何が幸せで ・・・ その基準がそれぞれなのだから ・・・
でも 疑問が生まれるから 1歩進んだり 1歩後退したりと
その時 その中でより良い選択をできるのかもしれませんね

タイやマレーシアは 品種改良をしているかもしれません
1つの理由として 観光客が多くなると 品質など 向上していくのでしょう

1農家として 私たちも頑張って作り続けます

【2010/05/06 11:23】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/577-c0ac078d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)