プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
所以 ・・・ ゆえん
ドラゴンフルーツの原産地である中南米では ピタヤ あるいは ピタハヤ と呼ばれています

ここにきて ドラゴンフルーツという呼び名が一般的になったのは なぜだろう?

やはり ドラゴンという響き 売り手にも影響しているように思います

実際のところ 私にとっては ピタヤでもドラゴンフルーツでも そんなに気にしていないのです

とはいえ 奥飛騨ドラゴン という響きの良さは 気に入っていますし

奥飛騨ピタヤでは 少々 いやいや 少々どころか 相当に か弱いイメージがありますから

ドラゴンという方が ベターかもしれませんね

ですが 見た目のインパクトや響きから想像されるような 強烈な味ではなく 優しい味です

そういえば 昨年から 日本に上陸したニューヨーク生まれの飲料で ・・・

ドラゴンフルーツと書かれたもので 色は赤 ・・・ そして エネルギーという文字が

とても不思議な感じだし こうした ちょっとしたことが 知らないうちに頭にインプットされ

ドラゴンフルーツ = エネルギー となってしまうのかもしれません

ドラゴンフルーツの特徴は なんと言っても 食物繊維だと私は考えていますから

エネルギーではないような ・・・ まっ どうでもいいことなんだけど

植え付けられてしまった先入観というものは 時にして 恐ろしいなぁって思うこと多々あります


さてさて ドラゴンフルーツを栽培していると 

そう呼ばれる所以なのかな?と 思ってしまうようなことが たまぁにあります

毎年 数個しか出現しないのだけれど まさにドラゴンというような形

real dragon 1

特に ここがドラゴンっぽいというか ・・・

real dragon 2

それに 毎年1個は ・・・ 意味不明のものが

???

想像力が豊な人間にとって イメージっていうのは とても大切なものだと考えます

見た目は超ゴツイ人なのに 心は超優しく ・・・

それでも 残念なことに ゴツイイメージは一人歩きしてしまい ・・・

噂話もそう 火のないところに煙は立たぬとは言いますが

やはり 自分の目で見て確かめてと思うわけで ・・・ 言葉には責任がありますから

日本の政治も含め 私自身も偉そうなこと言えませんが 一番欠けているところですね

現場との意識のズレが大きく ・・・ だから 何回も何回も首相選が行われ ・・・

そのたびに国費も使われているわけで 勝ち誇っているようで 勝因を分析している姿を見ると

なんともお粗末で 国民とのズレを感じていないのかと ・・・ 寂しいかぎりです

それに 誰がなっても どんな人がなっても 噂話をして 足の引っ張り合いでは ・・・ ねっ ( 笑 )

まっ こうして 私も柔らかく?批判しているわけですから 自分自身もっと頑張らないと

とにかく 私たち自身 納得いく農業を目指し 突き進むだけです


  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/651-3cf622c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)