プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
食べるクラシック
『 食べるクラシック 』
料理研究家である千葉真知子さんの著書です。
この本の素晴らしさを改めて感じた一日でした。

steinway and sons


ピアノを知っている方は、このピアノの素晴らしさを人目で分かるでしょうね。
恥ずかしながら、私はものすごく年季が入ったピアノだなぁというのが第一印象。ただ、知識として千葉さんのお嬢さんが素晴らしい才能の持ち主であることは知っていました。
http://www.machiko-cook.com/profile/concert.html
ピアノに対して全く知識のない私が、マニアック?に写真を撮り続けていると・・・一つ一つの部品が、決して欠けることが許されないと言わんばかりに、力強くその存在感をアピールしているかのような気持ちになりました。どれもが、美しく輝いていました。誇りさえ感じました。

sign


この本を読むと、天才音楽家の違った一面というか、人間らしい部分を垣間見ることができるような気持ちになります。
食べることと音楽・・・切っても切れないものなのかもしれません。
私がどうのこうの書くより、一度読んでみると・・・面白いです。
宣伝するわけではないですが、音楽に疎い私でさえ楽しく読めました。

写真を撮りながらこの本を思い出しました。
すると、なぜか・・・・
sushi

お寿司に見えてきました。(笑)

そして、読み終わるとうっすらと笑っている自分がいるのです。

私に騙されてみてください。(笑)

それから、『 たべるの 』で新記事をアップしました。良かったら、遊びに行ってやってください。http://www.taberuno.com/home.php
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは。

分かります、これ、バッテラですよね!!似てます、おいしそうです。
ピアノは弾けませんが、スタインウエイやヘビシュタインくらいはわかります。
スタインウエイはアメリカで商業的に成功したので、日本では圧倒的みたいですね。
アンチも多いみたいですが。

【2007/08/31 11:52】 URL | ママちゃん #- [ 編集]


訂正です、ベヒシュタインですね、打ち間違えました!
修正しようと思ってもできないんですね、そうか パスワードが必要なのか、と
ひとつおりこうさんになりました。なーるほど。
【2007/08/31 11:57】 URL | ママちゃん #- [ 編集]


こんにちは^^

ピアノは深いですよ^^
形・色・弾く人・年代・線など②。。。
っで全く音。音色が違います!
人魚の姉妹4人全員ピアノをしてます。
家族(親)は音色が聞こえると、誰が今弾いてるっと分かります。
ピアノはいいです。。。優雅な気持ちになりその音色が人の心を落ち着かせてくれます!!

確かに、お寿司にみえますねぇ^^
今まで思っても見なかった^^
【2007/08/31 12:55】 URL | 人魚♪ #/Ca4SHg2 [ 編集]

写真が出ません
何故なのかしら?
この記事についてのみ、写真が出ません。

どうしても見ることが出来ないと、なんだか寂しいですね。

皆様のコメントから察するに、写真が出ないのは私のところだけ?。

(ところで、私のイエロードラドンは、着実に色付き育ってましょうか)
【2007/08/31 14:51】 URL | ば~ば #- [ 編集]


私の所も、写真が見れません(T_T)
お寿司に見える??
どんなんやろー??
気になる~(T_T)
【2007/08/31 15:03】 URL | ありゆママ #- [ 編集]


ば~ばさん、ありゆママさん、こんにちは。
おそらくこれではないか?と思われます。

http://fc2support.blog85.fc2.com/
(最新障害情報・メンテナンス情報ブログ)

きっと、すぐに改善されると思われます(^^)
【2007/08/31 15:37】 URL | ママちゃん #0VjAYkvw [ 編集]

見えた!写真が
連絡ありがとう。
すぐ来て見ました、見えました。

我が息子嫁がピアニストです。
コンサートの会場によって、いろんなピアノに接していると思います。

でも、ピアノを視点を変えて見ると、こんな写真も撮れる・・・と、今度見せましょう。

「美」とか「芸術」は、難しく考えると遠いものですが、身の回りに転がっているんですね。
あとは、それを見る人、見つける人の心なのでしょう。
【2007/08/31 17:57】 URL | ば~ば #- [ 編集]

こんばんは!
こんばんは!
見えます!お寿司にv-410
見え出したら、お寿司以外に見えなくなってきました
ピアノの音色っていいですよね~
ピアノは弾けないけど・・・
そうそう、フルーツに聞かせる音楽
何故か私は、童謡が浮かんできて
フルーツー子供ー可愛いってイメージが浮かんできたんですよね~
でも、やっぱりクラッシックが一番なんですかね?
【2007/08/31 18:35】 URL | ちゃーみー♪ #fQIc5cww [ 編集]


写真見れましたー♪
スッキリしました(*^_^*)
あーヨカッタ!!
【2007/08/31 19:22】 URL | ありゆママ #- [ 編集]


こんばんは。
初コメントです。
先ほどはご訪問ありがとうございました。

趣味でオヤヂユニット「F&R」として
ライブ活動をしています。
我々はアコースティックギター2本での演奏ですが、
たまにピアノの弾き語りの方とジョイントさせていただくと、
「ピアノ習っておけばよかったなぁ」
って、後悔ばっかりしています。

「食と音」のコラボですか。色々なジャンルがあるんですね。
【2007/09/01 01:11】 URL | ギターオヤヂ #QjtTlS4. [ 編集]

ママちゃん さんへ
ハハハ。
さすが、ママちゃんさん。
妻に聞いたら、日本では圧倒的だそうです。
びっくりです。なにせ、音楽に疎いですから。
それなのに、フルーツ+ミュージックって何だ?
って感じですけど。

それから、故障の件、ありがとうございました。
【2007/09/01 08:22】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

人魚♪さんへ
素敵な4姉妹ですね。
その中にお父さんがお一人・・・

ピアノって弾く人の性格も出そうですね。
音色にも影響する・・・本当に神秘的です。
優雅ですね。本当に。
【2007/09/01 08:24】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ば~ばさんへ
お嫁さんに見せたら、怒られませんかね?
私は、ただただ素人。
そんな歴史あるピアノの一部分の写真・・・
ちょっと心配です。

ピアニストっていう響きに憧れます。

それから、イエロードラゴンもうすぐですよ。
【2007/09/01 08:27】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ちゃーみー♪さんへ
お寿司に見えました?
そう思うと、それにしか見えなくなるんですね。
人間の思い込みってすごいです。

だから、言い方帰れば・・・
ああ成りたいという人物像を想像して思い込むのです。
いつかそうなりますよ。(笑)

かわいらしい音楽もフルーツにはいいと思いますよ。
参考にしますね。

【2007/09/01 08:31】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ありゆママ さんへ
見えましたかー。
良かったです。
お寿司に見えたのは・・・いかにも日本人的発想ですね。(笑)

専門家の方には怒られそうですが・・・
【2007/09/01 08:32】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ギターオヤヂさんへ
こちらこそ、ありがとうございました。
男性で音楽が出来る人って、憧れますよ。
小さい頃習っておけば良かったって真剣に思いますもん。

ギター(フォーク)を一時期やったのですが・・・
今は、倉庫です。ゴメンなさい。ギターさん。
すぐ裏には、ヤイリギターの本社があるのに。

音楽は何にでも通じるところがあると思います。
音楽が出来るって、会話ができるように素晴らしいことだと
思います。つまり、音楽語です。
【2007/09/01 08:35】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/68-d298898f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラテンアメリカ楽器紀行

高校生だったころ南米の民族楽器ケーナの魅力にとりつかれたことがある。当時できたばかりの、表参道のカワイ楽器の陳列ケースの中にケーナを見つけた私は、かなりの間逡巡した挙句、基音がラのケーナを買った。当初は音を出すだけで難しく、無駄な排気のために、呼吸困難に 音楽の思い入れ【2007/09/06 11:20】