プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
守るべきもの
週末を家で過ごすため 奥飛騨から帰ってきました

明日は 娘の8回目の誕生日

一念発起し 農業をはじめたのは 娘が生まれてすぐ

ある意味 娘の成長とフルージックの成長は 重なっている

そんな大変な時期にと言われても ・・・

当時は 建設業もバリバリで 娘といる時間すらなかった

唯一 お風呂の時間に帰る わずかな数十分が 私の息抜きでした

だけど 毎晩帰ることができるだけ 幸せなこと


年末が近づき いろいろ整理する中で ・・・

baby1

懐かしい写真が出てきて ・・・ 3年前だろうか

幼稚園児だった娘と 堤防沿いを散歩

急な土手を ダンボールをお尻にあて 滑降りて遊んだころを思い出す

ふと 目を離すと 土手に咲く 小さな花を摘んでいる姿が 愛おしく

baby2

ママにお土産と言っているそばから 暖かい日差しの誘惑に負け 眠ってしまう娘

baby3
 
大事そうに握っている小さな手から ママへの想いが伝わってくる

玄関についた頃には すでに 萎れてしまっていた花を見つめ 悲しそうな目を向け

小さいながらも 納得いかないという顔つきが 微笑ましく

その晩 お風呂の中で ・・・ 

命あるもの むやみに摘んでしまってはダメだよ と 話したことが甦る

当時は 分からなかったことも 大きくなるにつれ 分かってくることもある

私たちの世代が 親の世代から受け継いだもの ・・・ 次の世代へと伝えていく

同時に 社会で生きていくことには ルールというものがあるということも


 

  

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/687-4a27241d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)