プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
エコシバリ
温泉熱を利用していることで エコな取組みとして 紹介されることが多々あります

これからの企業方針として 環境に配慮することは もはや 説明するまでもなく

全世界 共通の認識として 当たり前のこととになっていくことでしょう

しかしながら さまざまな人間 地域社会が存在する限り さまざまな意見があり

時には 利益を求め そして 悲しいことに 衝突してしまうことがあります

モノゴトには 常に 表と裏があり 表にも裏にもなれない 中間というものも存在します

見る人が違えば 表が裏であったり 裏が表であったり ・・・

さらに つけ加えれば 誰が 表と裏を決めるのか ・・・ 時の権力者なのか と

いろんな思想 文化 などなど いろんな地域で存在しているからこそ

大げさかもしれないけれど 私たちは 生き続けることができる そんなふうに思います

全て 自分の意志のまま それでは 面白みがなく 発展は望めない と


環境 = 二酸化炭素を削減する という風潮があります

二酸化炭素が温室効果ガスを増大させているという事実から

曖昧で分かりづらい 『 環境を守ろう 』 を 

具体的数値で表す 『 二酸化炭素排出○○%削減 』 と置換えているのが現状だと思います

数値を示すことで 共通した目標がたてられるというメリットもありますが

より具体的な目標をたてることで モノゴトの本質が隠れてしまうように 私は考えます

REDUCE REUSE RECYCLE という言葉があります

REDUCEとは 減らすこと そう ゴミの量を減らす

REUSEは 古着や車など 使えるものは もう1度使うこと 必要な人がいます

RECYCLEは 再資源化すること コンクリートは 粉砕することで 道路の路盤材になります

環境負荷を減らすなら とことん REDUCE や REUSE になるわけで ・・・

とはいえ 生きていく以上 働く場所が必要で RECYCLE に目がいきがちです

例えば 残飯で堆肥 ・・・ とってもエコな取組みだと ・・・

確かに もう1度 資源として使えること 自然に帰っていくことは素晴らしいことですが

本来は 残飯が出ないようにすることが 本質ではないでしょうか

決して RECYCLEを否定するわけではなく 再資源化していく取組みはとても大切なこと

木質ペレットを使えば 二酸化炭素を排出しないという 無理なルールを周知化させるより

木質ペレットを普及させることで 森が生き返る 持続可能な森林が形成される望みがあり

結果として 森林に囲まれた地域社会が崩壊せず 存続していくことへとつながっていく

そう説いたほうが より説得力があるのではないでしょうか

つまり 環境配慮を心掛けるには しっかりとした 地域社会という軸があってこそなのでは?

私たちが人間である限り ・・・ 

文化や技術レベルの向上を希望していくならば

私たちは 私たち1人1人に存在する良心で持って ブレーキをかけなければならない

ブレーキと言っても 決して 歩みを止めることではなく 知恵と技術を活かして

新しい地域社会を創っていくことではないでしょうか

REDUCE REUSE RECYCLE だけではなく 『 CREATE 』 が必要だと思います

お叱りを受けるかもしれませんが 『 森を守れ 川を守れ 』 の現実は 過疎化ですから

こうした厳しい現実を受止め モノゴトの本質を見極め

机上での発想だけではなく 現場にて 現実に行動していかなければなりません

onsen

dragon flower

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾には あふれ出る高温な温泉があり

それを 農業に活かした ・・・ 

観光地であれば 夜に咲くドラゴンフルーツの大輪は お客さまに喜んでいただけるのではないか

喜んでいただければ 私たちの農業も持続できる

結果として 地域社会が存続していく1つの歯車になれれば この上ない幸せなことです

それが 地域の特色を活かし 知恵と技術で 環境負荷を減らした取組みであれば 尚更のこと

環境問題と向き合うには それぞれの地域を理解しなければならないと私は考えます

そのためにも 知識と行動力を備えた地域人が育たなければと思います

環境問題の本質は 地域社会の存続と密接に関わっていることを 今後も伝えていきたいです

そのためには 温泉で育つ 魅力あるドラゴンフルーツを作り続けることが

私たちにとっては 『 全て 』 なんです

金縛りではありませんが 『 エコシバリ 』 にならないよう 隠れがちな本質を見極めたいですね


すごく長くなりました

読んでくださった方 ありがとうございます

自分の考えは 決して押付けるものではありませんので ・・・

こういう考え方もあるのかと そう思っていただければ幸いです



 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ネットで温泉栽培について書かれていた文がありました。
これについてどう思われますか?
言っていることは確かに正しい発言です。


奥飛騨温泉で温泉熱を利用した、
トロピカルフルーツのハウス栽培、と言う内容。
冬期には-15℃になるこの地でトロピカルフルーツ栽培をするには、
相当な暖房が必要だが、温泉熱を利用する事で、
その暖房に使う化石燃料を節約し、CO2排出量も削減、との事。

が、ちょっと前提がおかしくないだろうか?
寒冷地でわざわざ、トロピカルフルーツを栽培するのに、
一体何の意味があるのだろうか?
そもそも、トロピカルフルーツのハウス栽培をしなければ、
暖房に化石燃料を使う必要はない。
元々、発生させる必要のないCO2を削減しても無意味。
こんなものはエコでもなんでもない、ただの自己満足のエゴ。

温泉熱の利用自体は勿論有用。
だが、今回は完全に使い方を間違ってると思う。
例えば、温泉旅館の暖房に使えば、
これはもう既にCO2の発生源になってるわけだから、
削減効果も出てくると思う。

あと、何故、トロピカルフルーツか?
寒冷地が適する農作物、と言う選択肢はなかったのか?
寒冷地が適するとは言っても、奥飛騨が寒過ぎるから、
その補助暖房に温泉熱、と言うならまだ理解は出来る。
が、真逆の所で育つトロピカルフルーツを
わざわざ持ってくるのは、エコと言う視点ではおかしいと思う。
エコも、一歩間違えるとただの間抜けな「エゴ」になる。
この事案は、その典型の様な気がする。

【2011/02/09 17:23】 URL | 通りすがりです #- [ 編集]


いつも楽しみに拝読しています。

色々な人がいてたくさんの意見がありますが、
奥飛騨でドラゴンフルーツを栽培することは多くの意味があると思います。
理論だけでは計れない未来をフルージックに期待しています。
たくさんの言葉を糧にがんばってください!
【2011/02/09 18:41】 URL | TAKAHASHI #- [ 編集]


奥飛騨ハウスが出来る前後から協力していますが、エコが目的ではなかったのですよね。
ただ、奥飛騨温泉の力を借りたい、消えていきそうな奥飛騨温泉に名物を造りたい。
●●●●法で作る美味しい果物を作りたい。
自分も、奥飛騨ではリスクが高すぎるという考えは持っていました。
しかし、それでもFrusicさんの沢山の想いで出来たハウス。
沢山の抵抗を押しのけて、頑張った結果。立派に仕上がりましたよね!

それが、結果的に時代の波に乗って、色々報道されている。
それで勝手に批判されている。
奥飛騨ハウスが出来る前の、奥飛騨温泉の危機も知らずに。
温泉郷が無くなれば、熱利用の方法も意味が無くなってしまっていたのに。

しんみりした話題はとにかく、
ドラゴンフルーツの味も、奥飛騨で栽培すると、意外といける事が分かってきた。
urano選抜品種(1品種は未だ非売品)の奥飛騨リンゴも特別品で振る舞えますし。
報道はあくまで報道、単に良い物を地元と協力して作りたいという想いで生まれたハウス、これからも良い物を、地元と協力して作って下さい!

ドラゴンurano-4も生まれてはいますが、まだまだ成長段階。上手くいったら送りますね!!
【2011/02/09 23:59】 URL | urano #TkSw/e0A [ 編集]


フルージックさんご無沙汰しています。
いろいろな意見が楽しいですね。そこで私も生産者の立場からひとつ。
まず一昨年よりドラゴンを栽培しましたが栽培可能最低温度はトマト同じかそれより低くて
大丈夫でした。トロピカルフルーツといいますがトマトやキュウリよりエコですね。

農家が栽培品目、栽培体系を選ぶ基準は様々あるでしょうが第一は経営が成り立つかどうかです。
我々の様に冬季に重油を使いトマトを栽培していると批判もありますが好き好んで経費を
かけるはずありません。
無加温栽培の5~6月出荷の栽培品目は農産物があふれ価格が暴落、半分以上が廃
棄になることも良くあります。

また現在栽培している野菜は原産地が外国がほとんどで日本の四季では整合性が
取れません。トマトなどは冬季が一番甘くなり価格も安定するのです。

フルージックさんの様に自然エネルギーを使える栽培は
沢山の施設園芸家は羨ましく思っています。
【2011/02/10 08:10】 URL | shida #2JxzllWc [ 編集]


uranoさんへ
たまたまこのコメントを拝見しました。
私は地元住民です。
「消えていきそうな奥飛騨温泉」と言われていますが大変失礼なお言葉ですね。
他所の方にこのような事を言われたくありません。
地元の方が聞いたらみんな同じ意見だと思います。
訂正をお願いします。


【2011/02/20 13:38】 URL | 奥飛騨温泉郷の住民 #- [ 編集]


奥飛騨温泉郷の住民様

大変失礼な書き込みをしたこと、訂正させていただきたく思います。
自分は地元の住民ではないので、こんな事を書く資格など無いはずなのに、余計なことを書き込んだこと、申し訳ございません。

自分の地元が大変な状況ですので、自分の感覚で勝手に書いてしまいましたこと、どうかこの場を借りて謝らせて下さい。
【2011/02/20 19:39】 URL | urano #TkSw/e0A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/720-c239c2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)