プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
キラキラ
今日も暖かい1日でした

どうやら 今週1週間 春のような暖かさになるようです

一概には言えませんが ドラゴンフルーツのハウス栽培は この時期が要注意です

というのも ・・・

基本的な温室ハウスは 材料を少なくすることで 投資額を抑えるたり

あるいは 暖める空気量を減らすことで 冬場の温度管理を容易にするなど

経済性の観点から 背が低いビニールハウスが主流だからです

つまり 温度が上がりやすいということが言えます

もちろん 横から 上からと換気して 温度調整できますが 

冬から春にかけては その調整が難しいというか ・・・

全自動なら 任せておけばいいのですが 手動にすると 太陽次第で大慌てとなってしまいます

また 春の紫外線は強く 冬の後なので 余計に感じてしまうのかもしれませんが

温度上昇したハウス内では 日焼けの原因となってしまうことがあるのです

ドラゴンフルーツに限ってですけど

もちろん 夏でも 日焼け対策はあった方がいいですけどね

たとえば 南国では 海風が心地よかったり 時より スコールで冷やしたり

ジャングルが 天然のUVカットカーテンになっていたりするわけで ・・・

そういったものがない 温室栽培は 少々手間がかかってしまうのが現状です

それでも作りたい という想いがあるので 手間も気になりませんが 気が抜けない季節です


ハウス前に積もっていた雪が 朝の陽射しに反射して まぶしいまぶしいっ

sunshine

生まれたとき 私もまぶしかったはず?なのに 今は ・・・

大人社会に揉まれ 現実という壁にぶち当たり ・・・

まっ それでも 他人にどうのこうの言われようとも 

信じた道を歩むだけの性格は変わっていないようなので ・・・ 相変わらずですが

それでも 自分自身 キラキラでいたいと思います ( 笑 )


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/726-dc5df97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)