プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
マンゴーいろいろ
朝から 雪

奥飛騨では 吹雪いているようです


昨日 1週間振りに ハウスの中で育つ植物たちを見に行きました

アセロラの木々からは 新芽が出始めたようで ・・・ 今年もよろしくと声をかけました

昨年10月 高山市内の方からいただいた アーウィン種の苗も順調に育っており ひと安心

ケント種 それから マリカ種のマンゴーも それぞれ 花を咲かせています

アーウィン種の花です ↓ 花の香りは どちらこというと 菜の花みたい

mizaki-mango

ケント種の花です ↓ 花の香りは弱いようです

kent-mango

マリカ種の花です ↓ 花の香りは 3種の中で一番強く 甘~い香りです

mallika-mango
 
マンゴーの品種は とても多く インド奥地では 自然交配された種もあるようです

花の大きさは 7~8ミリ程度 香りや花の色は 品種によって 違うようです

昨年は ケント種のマンゴーを収穫できたので 今年は マリカ種を期待しております

アーウィン種の苗は まだまだ小さいので あまり無理をさせないようにと思っています

冬期 最低温度5~6度で この時期 花を咲かせていることを考えると

比較的 栽培しやすいものなのかもしれません

ただ 美味しい実となると 別問題ですが ・・・ 

北海道産マンゴーがあることを考えると 栽培地をあまり選ばないものなのでしょうね


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/734-85cf5a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)