プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
想い
放射能汚染による 農業への打撃

予想してはいたものの 出荷前のホウレン草を ・・・

同じ農家として 涙が止まりません

軽々しく言えることではないですが 想いがあれば いつか ・・・ 必ず

そう願って これからも 一緒に 日本で生きていきたいと思います


7年ほど前 アメリカの農園を訪ね イエロードラゴンと出会いました

あの味に感動し ドラゴンフルーツ栽培を始めました

秋に花を咲かせ 唯一越冬し 春に収穫が始まります

他のドラゴンと比較して 真逆の性質であり 年1度の収穫なため

採算性は 抜群に悪い ・・・ つまり 収穫量が少ないのです

周りの反対もありましたが それでも 作りたい

想いがあったから ここまできたのだと ・・・ 

昨年のイエロー以上に 今年は 甘く美味しいものができそうです

yellow dragon 1

yellow dragon 2

念のため 収穫をし 糖度計で計測してみると 19度

yellow dragon 3

口に入れると ・・・ 

当時を思い出すような ジューシーな甘さが 口の中いっぱに 広がりました

毎年 最初に収穫したものを確認するのは とても緊張します

昨年からの栽培の仕方は良かったと 1つの大切なデータが残っていきます

もちろん ドラゴンたちへの感謝の気持ちも


さて イエローの本格的な収穫は 4月の中頃から 5月の中頃までとなります

奥飛騨に来られることがありましたら ぜひ 

今 できること ドラゴンやアセロラを 一生懸命育てること

育てて売って ・・・ 

一国民として 復興への歯車となって 頑張っていきたいと思います


軽々しく言えることではないですが 想いがあれば いつか 必ず ・・・

そう願って そう信じて 前へ前へ 歩んでいきたいです

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/737-8ada1995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)