FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
幻のドラゴン
春の嵐? 時折 不意をつかれるように 横からの雨

雨が降るたびに 夏が近づいてきているのでしょう

春は あっという間 風と一緒にどこかへ 飛んでいってしまう

風に煽られ 雨粒の重さに耐えている草木 ・・・ 腰痛や首痛はないのだろうか

どこが首で どこが腰? こんなくだらない疑問を抱いている自分は

やはり どこか頭が煮詰まっている証拠 ・・・ だから

くだらないことを考え 外を見つめ また くだらないことを考え

十八番の現実逃避が始まっていきます

1つ1つ 貯まったものを片付けていかなければならないのに

ちょっと先が見えてくると ちょっと計画がはかどったりすると

そう 完璧ができない性分 ・・・ アスリートにはなれないなぁ ・・・


そういえば そろそろゴールデンウィーク?

毎年ながら 私には関係ないけど ・・・ 奥飛騨に遊びに来てくれる方が増える

そう考えると なんだか嬉しくなります

私は 1日から5日まで 奥飛騨で作業します

その前後の週末は 仲間が奥飛騨 ・・・ で 私は 美濃加茂の農園です

お時間があれば ぜひ 温泉入りに奥飛騨まで足を運んでください

欲を言えば ドラゴンハウスまで来て下さい

今は イエロードラゴンしか収穫できないけど ・・・ でも イエローはとても貴重なんです

私がドラゴンフルーツ栽培を決意した きっかけとなった味

とても小さく 収穫数も少ないのが 生産農家として厳しいところですが

それでも 敢えて ・・・ だから 挑戦してほしいというのが本音です

もちろん 嗜好品なので 味の好みはありますが 今年は1番 味の出来がいいと思っています

ただ 大きさがね ・・・ 平均150グラム程度だから 

コンスタントに200グラム いやいや 250グラム以上のものができれば ・・・

というのが 切実な願いであって 毎年毎年 試行錯誤の繰返しです

最近 お客さまから イエロードラゴンをどこかのテレビで見たと言われます

残念ながら 私は見ることができなかったので 内容は分かりませんが

幻のドラゴンと言われているらしく ・・・ そういう私も 夢幻のドラゴンと呼んでいるので

どこで作っているか分かりませんが お互い 切磋琢磨していけばと思っています

実際 イエローは基本年1回のもの 最近では 季節感がなくなり? 2回結実することも

それでも 他のドラゴンと比較して 量産はできず 加えて 苗の病気発生率も高いから

生産には向いていなく ・・・ それでも 糖度18度以上はあるため 幻と言われるのでしょう

国内産は皆無に等しく コロンビア産とかが日本に入ってくるぐらいですから

私たちのイエローは 今年は700個ぐらい 9割が奥飛騨で消費する予定です

若干 ネット販売もしていますが やっぱり 会話して売りたいといのが 私たちの想い

マンゴーのように認知され 味も想像できるお客さまがいれば別ですが

まだまだ 私たちドラゴン農家の情報発信 それから 美味しいと言われるドラゴンを作り続ける努力

全てにおいて 頑張っていかなければならないということですね

お~ 無茶苦茶長くなってしまいました ・・・ 今日は それだけ逃避度が高いということです(笑)

で 本題 ・・・ って これからが本題? そう これからが本題でして ・・・

幻のイエロードラゴン ここまで大きくなるのは 超稀で ・・・ 平均の2倍弱という大きさ

これからずっと これぐらいのイエローができることを祈りつつ 計ってみると

yellow2011-1

ちょっと見にくいですが 260グラム

yellow2011-2

長さは14センチほど 胴回りもあり

yellow2011-3

手に持っても ずっしり感があります

この大きさだと やっぱり4000円前後になってしまうのが現状

本当に嗜好品です ・・・ だから ・・・

奥飛騨に来て 話のネタに食べてみてというのが営業トークというやつでして ・・・

もちろん 大きさにより 価格も違うので 1500円ぐらいからあります

もちろん 重さが違うだけで 味は変わりません


コンスタントに250グラム前後を生産できるように それから 美味しさも追求しながら

幻のイエロー 来年もがんばっていきます

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/751-dd226b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)