プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
3つのしんぼう
毎日 毎日 ゲリラ豪雨があり すっきりしない天気です

とはいえ 南国フルーツを栽培している私にとって ゲリラ豪雨がやってきて

ハウス内が蒸し蒸しし出すと ここは南の国? なんて思ってみたりしています

でも 観光地にとって 雨はNG ・・・ 止んでくれ~って 心の中で叫びます


ここ 奥飛騨でのドラゴンフルーツ栽培 もうすぐ3年となります

認知度がある観光地での農業 温泉を利用した トロピカルフルーツ栽培など

運良く メディアの露出に助けられ 少しずつですが 実績を積んでいます

しかしながら ・・・ 今年は 辛抱の年だと 自分自身言い聞かせています

そのためか ドラゴンフルーツは不味いと言われたり ・・・ 

正直 生産者にとって 耳が痛い言葉を浴びせられる機会が増えています

いろんな品種があって とは説明するわけですが こればっかりは 押しつけるわけにもいかず

当然 個々の味覚もあるわけで ・・・加えて 高いとお叱りを受けてしまう始末

そりゃ 外国とは 物価が違うし なんていう言葉は通用はしない

だから 美味しいドラゴンフルーツ フルージックなら仕方ないよね と言われるよう

辛抱(しんぼう)して 質の良いものを作り続けていくこと 今年は そんな1年です

モノ作りという あくまで 生産者としてのプライドというか 自覚を持ち続けること

この自覚こそが フルージックの心棒(しんぼう)であり これがズレてしまっては

上手く回転しないわけで ・・・ 原点を見極め 1つ1つ経験値を積むことが大切

そうすることで 信望(しんぼう)が生まれ 地域に愛される農業企業になっていく ・・・

理想論だって言われてしまうけど 辛抱するのは 苦手ではないので しっかり辛抱して

時には 催事などに参加して 置かれている立場を客観的に見極め モノ作りに励んでいきたい

ここまでは 自分たちの努力次第 残りの信望は あとから ついてくるもの

これは ご褒美 

子供じゃないけど ご褒美もらえるよう 頑張っていきます(笑)

ご褒美が目当てで頑張るなんて ダメだよね(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

中々思ったようには行かないことが多いことでしょうね。
生産者としての品質、価格、知名度など多岐にわたる問題もあるでしょうし。
消費者にとっての、ドラゴン・フルーツって何なんでしょうか?
どんな食し方が、消費者に合ってるんでしょうか?
どんな場面で食べられているんでしょうか?
まだまだ新しいフルーツなだけに、難しいことも多いでしょうが、楽しみも多いでしょうね。
【2011/08/07 21:39】 URL | angkor56jp #- [ 編集]

angkor56jpさんへ
そうですね
生産者としてのドラゴンフルーツ
消費者としてのドラゴンフルーツ
相互のバランスが成り立ってこそ ですね
そのバランスが それぞれ違っていて はたまた 変わっていくわけで
angkor56jpさんの言葉に ハッとしました
ありがとうございました

そういえば angkor56jpさんからいただいたドラゴン 1つだけですが
実をつけていますよ
2週間前後で収穫になると予想しています
 
【2011/08/07 22:20】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/799-6410e555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)