プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
少しでも ...
夕方 明日の運動会のため 場所取り ・・・ 行ってきました

まぁ これぐらいしか 活躍?できないので

娘の出番は 午前だけなので 午後から仕事に復帰する予定ですけど

もちろん 青空の下で 弁当食べてだけど ・・・ 

地震 それから 台風の影響もなく 普段通り生活できることに 感謝です


さて 今年に入り アセロラの露出が多くなり いろいろ問い合わせが多くなりました

ありがたいことです とはいえ 興味を持ってくださった方々を落胆させないよう

生産者として しっかりとした情報を提供できるようにしなければいけません

そういう意味で 注目されればされるほど 今以上に真剣に取り組まなければと思います

私は アホみたいに 次から次へと進んでいく前向きなタイプなのですが

スポットライトが当り始めると 無茶苦茶 石橋を叩くというか 意外と慎重なのです

それでいて 騙されやすいので よく仲間には注意されます(笑) ← 直したい 今すぐにでも

あっ いかんいかん 脱線してしまいました

で 話は戻ります ・・・ よく聞かれることの1つで ・・・ アセロラの味なんですが

甘いとか酸っぱいとか ・・・ これは 味覚なので 人それぞれです

甘いという方もいれば 酸っぱいという方もいますので 一概に決め付けることはできないです

ですが 私たちのアセロラは 甘味系品種の1つですから 他のアセロラと比較して 甘いです

ただ 水やりの具合 肥料 それから 太陽の光 寒暖差などなど

いろんな影響によって 味は変わってきます

もっと言えば 私たちは 2000本近く栽培しているのですが その木ごとで味が違います

当然 人の成長も違うように 木にも差があるからです

もっともっと言えば 年1回の収穫ではなく 年5回ほどとなると 同じ木でも違ってきます

アセロラ栽培のプロであれば いつでも どの木でも 同じ味をと思うのですが ・・・

すみません まだまだ勉強中なので ・・・

それでも プロとして 今回は甘味があるとか 酸味がキツイとか はっきり言います

そう考えると 同じものはできない やっぱり 農業は芸術なのです ← ちょっと強引?

すみません 今回は 長くなります

で いくつか アセロラ果実の糖度を計りました

通常 私たちのアセロラは 9前後です 甘くなれば 11度前後となります

完熟具合にもよりますし 甘いと思っても 意外と糖度が低かったり

それから どの部分で計る つまり 種の周りとか 表皮に近いところかでも違ってきます

基本 私たちは ギュッと絞った状態で計りますし 今回もそのようにしました

ここのところ 台風の影響で 日照不足だったため 水っぽく酸味が強く出るのを覚悟しての計測です

sample1

とりあえず 無作為に4つを選択 朱色から深紅色までのものです

sample2

朱色は やっぱり酸味が強いです 食べた感じもそうですが 

それでも この状態の果実で 甘くなることもあります

sample3


sample4

表皮が赤くなるにしたがって だんだん糖度が増し 食べた感じも甘くなってきます

sample5

最後に 今にも腐りそうな? 深紅色 この状態のものは ヘタを引っ張れば取れます

sample6

選択した実が失敗したのかな? 徐々に上がっていけば良かったのかも

で アセロラハウスが 3箇所あるので もう1つのハウスへ ・・・

食べた感じは 同じようだったので 種の周りの果汁を取ることにしました

sample7

やっぱり 完熟手前でも 種の周りだと甘いことが分かります

最後に もう1つ より赤い実を選択して ・・・ 計測 これは 搾った果汁です

sample8

こう考えると 木によって 糖度にバラつきがあることが分かります

このバラつきを少なくできるよう 頑張らなければ ・・・

とはいえ 糖度はあくまで目安 美味しいというバロメーターでなければ

甘いか酸っぱいかを断言できる数字でもないですから ・・・ 当たり前ですが

ドラゴンフルーツだって 糖度13度と糖度17度と食べ比べた場合

13度の方が 甘く感じることもありますから その実のバランスだと思います

なので 果物狩りに行ったら 自分好みの味の木を見つけるのがいいのかも(笑)


今回は お問合せがある中で 少しでも お役に立てればと思い ・・・

長くなり すみませんでした
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/820-9c0b4a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)