プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
アセロラ糖度
秋晴れ まさに 秋晴れ 

清々しい朝 日中 まだまだ 日差しが強く それでいて 心地良い風

見上げれば 今にも落ちそうな毬栗 銀杏 ・・・ まさに 農家の風景 ここにありです


今日も朝から アセロラ狩りが行われました

ジュースは飲んだことあるけど ・・・ アセロラの栄養価に注目しているお客さまばかり

なので 生のアセロラ果実の素晴らしさを いちいち説明する必要もなく

生産農家として 嬉しいことです 食べながら お持ち帰り用のパックに詰めていくのですが

丁寧に詰めると時間がかかり 粗末に扱うと潰れてしまったり

摘み取る作業に手間がかかることを体験していくようで ・・・ そこで 待ってましたとばかり

発送用に摘み取るのに 1キロで1時間ほどかかり 価格も高くなってしまいますと説明すると

納得してくれる方々ばかり ・・・ 

逆に 言い切った分 質を落とすわけにはいかなくなるのが やる気につながっていきます


さてさて 前回の続きですが 連休前の雨続き やはり 太陽が顔を出さないと果実は甘くならず

ここのところ晴天続き プラス 朝晩の冷え込み アセロラの甘さも上昇

そこで 同じハウス 同じ木でアセロラ果実を収穫 糖度を測定しました

yellow orange

表皮もオレンジ色 果肉はイエロー 食べてみると酸味がありながら ほど良い甘味で美味!

糖度は 8.9度 この果肉色でこの数字 食べた味も良く さすが 太陽の力

次は 完熟に近いもの 表皮は ほぼ深紅色 果肉はイエローオレンジ 

yellow orange2

味は 甘味が強くなり 糖度も12度を超えてきています

次は アセロラ狩りならではの完熟アセロラ 表皮も深紅色 果肉も赤

red

12.6度という数字 食べた感じも酸味というより 甘味が強いような感じでした

この完熟アセロラは 超傷みやすく さすがに注文されても ・・・

アセロラジュースも こうした完熟したものだけを使用すれば 赤くなると思いますが

この完熟は 本当に腐りやすく ・・・ 収穫してすぐに加工なら大丈夫でしょうけど

だけど 重なれば 潰れてしまうので 収穫にも気を遣います


私自身 糖度を確認しますが 必ずしも 甘いとか 美味しいとかを計るものではありませんので

ご理解願います ただ 選択する目安となることは 否定いたしません

農家としても 味覚と数字を確認しながら 少しでも 的確な説明ができるように努力していきます


生アセロラ 今年は 10月ぐらいまで楽しめそうだと思っています

では そういうことで ・・・ これから 髪の毛切ってきます

  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/821-bf06ba38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)