FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
TPP
朝から すっきりとした晴れ 少々冷え込んだけど 気持ちの良い青空が

skysky

本当に気持ちの良い朝 !

明日から 天気が下り坂ということらしく ・・・ たまには 雨も必要だと言い聞かせ

それでも ここは観光地 雨降ってくれるなと思ってみたりしています


さてさて 今日は 料理研究家のしーちゃんから送られてきたモノが ・・・

2つあったのだけど その1つは 『アセロラ100』 という商品

もう1つは 次回に回すとして ・・・ この商品は 沖縄バヤリースという会社が販売しているモノ

私が アセロラを栽培していることもあり わざわざ送ってくれました

ありがとうございます

とにかく飲んでみることに ・・・ 

acerola100

ジュースの色は オレンジというか 加熱処理のせいか 少し茶色っぽさがあります

そう アセロラの果肉は イエローオレンジなのです

だから 赤色のジュースは ・・・ ただ 完熟してたりすれば 赤に近くなります

例えば 私たちの アセロラ生ジュース の場合 朱色で赤に近いでしょ

製造の仕方も左右されるだろうけど ・・・ ちなみに 私たちのアセロラゼリーもオレンジ色です

とにかく 飲んでみることに 

確かに アセロラです アセロラの風味もありますし

私たちのアセロラジュース(市販していない)とは 多少 味は異なりますが

品種が違うので 当然と言えば当然ですね 

少しピーチっぽい香りがするかな?と 個人的に思ってしまいますが それは 果肉由来なのかな?

販売価格は 600円ぐらいなようで ・・・

1㌔のアセロラから 約6割果汁がとれて こしたりすると ・・・ 結局 約500mlぐらい

で アセロラ1㌔(生出荷用)収穫するのに1時間かかり 加工用でも 結構時間かかるし

沖縄の知人(アセロラ農家)から アセロラの相場を教えてもらっているから 

この販売価格は はっきり言って 農家泣かせ です

もちろん 買ってくれるお客さまがいて 商売は成り立つので それはそれ

ちなみに 原材料は 台湾と沖縄って書かれていました

まっ 来週 沖縄に行く予定があるから いろいろ見て 話を聞いてこよう


農家も生計が立てられるよう 努力しなければいけない

そうしなければ どんどん質が落ちて 質が落ちれば 買い叩かれる要素となってしまう

偉そうなこと言えないけど 農家として 作り手としてのプライド持たなくては


ちょっと違うけど TTP問題ということは こういうことだろう考えてしまいました

価格差 その価格差をどう埋めていくのか

数字的には 決して埋めることが出来ないものを どうカバーしていくか

大げさだけど 国内農業の生きるかどうかの問題だと思います

頭ひねって 知恵振り絞って お客さまが満足するように頑張らなければと思います

すっきりした1日がスタートしたと思ったら また1つ考えることが増えてしまって

まっ ドMな私には これぐらいがいいのでしょうけど(笑)


スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/826-d7a1e753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)