プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
集大成へ向かう
私は農業をしています

農業が大きな幹となり その幹から いろんな枝葉が広がっていきます

やがて いろんな枝葉が大地に落ちたとき 土にかえり 養分となり 

根に吸収され 再び 大きな幹となり 枝葉になっていくことでしょう

そう 当たり前のことを 当たり前にやりたい

農業を柱とした業を営むことで どうやれば循環できるか どうやって継続していくか

それが 私たちフルージックの最大のテーマであります

廃棄される温泉熱を活用した 温泉農業 観光地ならではの観光地農業を実践し

喜ばれるドラゴンフルーツを生産し 販売することで 継続を目指し

人の流れが生まれる農業を心掛けることで 地域に必要とされる農業企業を目標とします

当然 理念の裏には 美味しいドラゴンフルーツができていなければならないわけです

日本一暑い地域の1つ 岐阜県美濃加茂市では アセロラを栽培しています

冬場の温度管理 最低5度を確保するために 現在は重油を使用しています

重油を使用しているところに まだまだ 目指す完璧な基盤はできていないまでも

年々使用量を削減できていますし いずれ 新しい方法で農園を整備するときがくるでしょう

そのときまでに その時期が来るまでに 今 できることをやっていきたいと考えています

それには 焦らず しっかりとしたデータ集積 現場での実践が必要です

加えて 法整備 法解釈の仕方など 時代背景にも左右されることでしょう

そして 銀杏畑の管理人から 美濃加茂市の除草業務まで引き受けるようになった 山羊さんたち

新しい命が生まれ 現在13頭 春には もう少し増えていると思います

山羊さんを飼った理由の1つとして 農地の除草 稲藁の有効活用ということもありました

わずかですが お米を作っているので その藁を干し 山羊さんに食べてもらったり

あるいは 寝床に敷くことで 山羊さんの糞尿が染み込み それを農地に撒いていきます

banana's leaves

acerola's leaves

冬の時期 山羊さんたちのご飯作りは必要です

上の画像は 収穫したバナナの葉を食べているところです

下の画像は 剪定したアセロラの枝葉を食べているところです

つまり 一般廃棄物として処理する必要がないのです

農業は 廃棄物の減量化にもつながることが分かってきます

めぐり巡って 美味しいアセロラができ お客さまが喜んでいただければ嬉しいです

山羊の赤ちゃんが生まれたことで 私たちも山羊さんのミルクをいただきます

いつか 山羊さんの乳製品が生まれ 販売につながれば 当然 継続する農業が実現していきます

近代化していく中で 便利さや手軽さを求めていく中で失ってきたもの

それは 農業を柱とする循環なのかもしれません

農業をはじめて まだ10年も経ってない中で 偉そうなことは言えませんが

それでも 偉そうなことを言っていくと思います(笑)

なぜなら 理想を掲げ 現場にて実践しているのですから

そして 継続できているのは 皆さんに支えられているという事実があるからです

心より感謝すると同時に しっかりとしたビジョンを持って形にしていきたいです

フルージックに 山羊さんが加わり ある程度の成果を感じるようになったことで

私たちが目指す農業は いよいよ 集大成に向かっていくと思います

とはいえ この集大成にはゴールはありません なぜなら 継続が全てですから



 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/874-eacacd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)