プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ポリシー
昨日は バタバタでした いつものように ・・・

ご迷惑お掛けしてしまった方々も多く 改めて 皆さんのお気遣いに感謝です


さて 美濃加茂でのハウスでは アセロラの花が 第1回目の満開となっています

florida sweet' flowers

桜の花も綺麗ですが この淡いピンク色のアセロラの花も綺麗です

アセロラは バルバドスチェリーとも言われています

例年のことですが 1回目の花は 結実率が非常に悪いのが特徴です 

ハウス内の温度や日光など関係しているのかもしれませんが ほぼ全滅です

まっ 冬期の間 葉を落として かなり弱っていると思うので ここで無理させない方がいいのかも

トマトトーンなど撒布すれば 実がつきやすくなりますが ここでは使用しません

自然に実がついてくれることを ただただ見守るだけです

見守るのも 案外 忍耐がいるもんです ( 笑 )

このアセロラの花は かすかな香りを漂わせてくれます これがいい香りです

そのうち アセロラの香りというような 芳香剤が生まれるかもしれませんね

ドラゴンフルーツのファブリーズがあるくらいですから ( 笑 )

これから 少しずつ 木々も成長し 実をつけ始めると思います

今年もアセロラ狩りを予定しているつもりですが 実のなり具合をみながらです

開花が始まると 古い葉も落ち始めます すると ハウス内の掃除が大忙しとなります

それで 掃除していたある日 面白いものを発見しました

何だか分かります?

seeds1

seeds2

アセロラの種です 落下したアセロラの実が干からびて ・・・ 種だけに

普通 種はふっくらとしていますが このアセロラの種は こんな感じなんです

それでいて 1粒ではなく3粒 それが くっついた状態で見つかったのです

というより 本来は くっついているものなのかも

ヘタも残っていて 何だか 面白い発見でした こういう日は 1日気分良しです ( 笑 )


バタバタしていると ついつい大切なことを忘れてしまいがち

私は 1人の農家であること 作ってこそ 次の扉が見えてきます

長い目で見たとき もちろん 今も大切なことですが やっぱり 今だけに捉われず

しっかり 種まきをしていこうって思います

例えば 私が生まれた美濃加茂市 堂洞蜂屋柿というものがありますが

加工することより この蜂屋柿を育てることに力を入れなければと思います

なぜ ワインが 文化として 高い評価を受けているのか

それには 原料となるブドウの育て方 土づくりなどなど 私は ワインに詳しくないけれど

そこの部分を大切にする人たちがいるからだと思います

だからこそ 安易に加工ばかりを勧めるより 最も時間がかかり お金がかかってしまう

蜂屋柿そのものを作り続ける農家を育てていく必要があると思います

とはいえ 私は アセロラやドラゴンを主に栽培している農家ですから 

いろいろ手を広げることはできませんが そういう意識を持ちながら 継続していきたい

そう思っています

この種との出会いは 日々の忙しさ あるいは 目の前の誘惑などに 負けそうになる私を

再び 原点に戻れと言ってくれているものなのかもしれません

ポリシーなんて 大それたことではありませんが 私は種まきが好きなんです

種まきして 育っていくところが好きなんです

実ができて お客さまに喜んでいただけるまで ずっとつながっているのですから

こうしたつながりが 継続していく力になると 私は信じています

さてさて 今日は午後から打ち合わせ 午前中は ハウス内をお掃除です


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/922-1f386319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)