プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ところで
今日は4時起き さすがに暗い状態で起きるのは嫌かも(笑)

でも 少しずつ明るくなってくる様は好き なんだかワクワクしてくるっていうか

で 7時に用事があったので 高山市へ向かい 用事を済ませ奥飛騨入り

どうやら 昨夜 奥飛騨の温泉ハウスで1輪だけ ドラゴンが開花したようです

今晩も1輪 見事に咲き誇っています

2012.5.23

運良く お客さまが見に来てくれて ドラゴンの花も喜んでくれたことでしょう

あくまで 私の推測ですが(笑) 

今週末(土日)も わずかですが咲く予定です 


ところで 今朝 TBSラジオさんで 美濃加茂市で取り組んでいる山羊さんが紹介されました

山羊さんのレンタルというような解釈となっていますが 実際は 私たちの大切なパートナー

ただ この場合 レンタルといった形が理解されやすいということになったのでしょう

で ここで問題なのが レンタルと位置づけた場合 動物取扱業のレンタル(貸出)の許可が必要

もちろん 私たちフルージックは 展示 貸出 販売 の登録をしていますので問題ないですが

この登録がなく 貸出をしてしまうと違反となってしまいます

家畜業として除草業務を行うことは なんら問題ないですが

貸し出したりすると 動物愛護法からの規制がかかってくるということになります

このあたりの法律は それぞれの立場により解釈も異なり なんで?と思うことが多々ありますが

それはそれで しっかり受け止め 1つずつクリアしていかなければなりません

あくまで 私たちの考え方は 山羊さんが大切なパートナーであって 

最初は 銀杏畑の草処理として飼い始めたのがきっかけですが 今となっては

フルージックが目指す 循環というテーマに欠かせない存在なのです

正直 契約内容としては 直接的に厳しいところもありますが 私たちが求める農業が理解され

少しでも多くの方々の共感が得られれば とても大きなことなのです

モノゴトは直接的な捉え方だけではなく 間接的にどう影響してくるのか メリットはあるのかなど

総合的に判断しなければならないと思っています あくまで 理想論ですが

地域で農業を営む上で 何らかの形で地域に貢献することを意識することは大切なこと

利益が生まれにくいとなれば どんな形で補っていくのかを考えるのが これも民間企業の知恵

大げさに言えば 支出のみの維持業務 その維持費を抑えることは当然のこと

さらに言えば 維持から生産することをイメージしていくこと 実践していくこと

それが 山羊さんのミルクだったりするわけです

すでに 山羊さんのミルクで製品を作っている方々もいらっしゃいますので 私たちも勉強して

いろいろ試行錯誤を繰り返しながら この取組を継続していきたいと考えています

  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/937-c7b677c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)