FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
とにかく食う
昨日は 奥飛騨温泉郷福地温泉にて 2回目の音楽フェス 福音 ( ふくね ) がありました

朝から準備 そのため 東海テレビのプレサタで放映された 

山羊さんとアセロラの映像は見れず とても残念でしたが それでも 1日楽しく過ごしました

緑に囲まれた古民家を開放し その中で アーティストが生演奏

私はというと そこで ドラゴンフルーツなどなど ひたすら 売っていました

というより お話ばかりしていました ( 笑 )

催事で出会った方が顔を出してくれたり 去年 参加された方々が ニコニコしてくれたり

ジャム買ってくれたり ジュース飲んでくれたり やっぱ 人と触れ合うのは最高ですね

妻と同郷のアーティストさんも 1回目から参加してくれていて 今年も参加

なんていうんだろう ・・・ それぞれ 当然 生きていく方法は違うけれど

それでも なんていうんだろう 身近に感じるというか 人の縁というか 縁は円なのか

なんて どんどん 言葉で表現できなくなっているけれど ・・・ ( 笑 )

帰りに ドラゴンフルーツのジャムがかかったソフト 食べて行ってねと行ったら

ちゃんと寄っていってくれたり うれしいなぁ ほんとに


そのイベントは 夜の11時ごろ終わり 私は 美濃加茂へ ひたすら41を南下

結局 家に帰って 布団に入ったのは 朝の4時 少しだけ寝て 再び 美濃加茂のハウスへ

アセロラの出荷もあるし アセロラの水遣りもあるし アセロラ狩りも 

遠くで 山羊さんも呼んでいるし ・・・ ( 笑 )

ある意味 すごいスピードで いろいろ片付けているのに アセロラの木 2000本以上あるのに

なんで これが目に入るんだろう? なんで こんなものが ・・・

nanda kore?

どっかで意識しているのだろうか ・・・ 面白いものを探したいという気持ちがあるのだろうか

よう 分からんけど とりあえず 採ってみたよ

で とりあえず 写真も撮ってみた 赤唐辛子がついているみたい

tougarashi?

ふだん 見つけようとしても見つからないのに なんで これが目に入るのか

これも縁なのか 縁ならば このアセロラを大切にしなければ

大切にするといったところで どうするのか ・・・ 世の中 不思議なことばかり

不思議なことばかりだから 生きていけるのだろうけど

理屈では説明できないことばかり だからこそ 現場の力は重要なんだ

場数を踏むこと 経験すること 応用が生まれ 臨機応変な対応ができるようになる

つまり 余裕が生まれるってことだと思います

見て 感じて やっぱ そういうことなんですよね


そうそう 今日の昼 アホみたいに たくさん食べました

横で見ていた 娘が どんだけ食べるの?って 

私は 言いました 寝不足だったり 疲れていたりしたら とにかく食べる

アホみたいに食べる そうすると 元気がモリモリな気分になる

体が欲しているんだとね そう意識して食べると 不思議なことに 体中の細胞が目を覚ます

だって カリオストロの城に出てくる ルパンだって 撃たれた後 むっちゃ食ってるし

漫画と違うと言われるだろうけど こういうときは 食う とにかく食う

経験からして とにかく食べるんです それも 楽しくね

ストレスとは違うよ! 言っておくけど

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/956-d5b0cd28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)