プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
共食い
脱原発 日本各地でデモが起きています

政治的なこと 思想などなど 首を突っ込むつもりはないけれど

ただ 熱し易く冷め易い というようなことにならなければと思います

という私は 将来的になくなればいいという立場

そこで働いている人たち 生きていくために 地域として必要と判断したのであれば

福島のようなことが2度と起きないよう しっかり議論しながら

最善の方法を模索していければ 私は 1人の農家として いろいろ考えることもありますが

極端な舵取りではなく 現場を大切にしながらと思っています


で 何を言いたいかというと 原発前には 私たちのハウスで活用している温泉熱は

ある意味 馬鹿にされていたところもあり エゴだの エコだの いろいろありました

人がどう言おうが どう解釈しようが 私たちは私たち

お客さまがいて 私たちがいる 美味しいと喜んでいただけることが基本なんです

栽培方法とか いろいろウンチクを書き綴ったこともありますが 結局のところ

美味しいか それとも 口に合わないか それだけのことなのです

批判 批評することは簡単なこと それ以上に 責任持って行動することが大切

1人でできることなんて ホント限られているけど 信じている道を歩んでいけば

必ず道は切り開かれるって 私は考えています

今でこそ 自然エネルギー 私もちっぽけな人間なんで コケにされた当時を振り返ると

正直 今さら何だって思うこともあるけれど

それが時代というもの それはそれで ちゃんと受け入れています

だからこそ 今になっても絶対にブレない という農業が私たちにはあります


宮崎マンゴーを世に送り出した方々 価格が高騰し 1つのブームを作り出しました

予想以上の値をつけてしまったと 思っている農家さんもいるとは思いますが

それでも トロピカルフルーツの価格設定に大きな希望を抱かせてくれたことは事実

そこから何年? 最近では 某流通業者が1個300円 コンビニでも安く売られています

もちろん 宮崎マンゴーではないけれど TPP問題以前に

国内で潰し合いというのは 正直 如何なものかと考えてしまいます

当然 自由競争なので問題ないでしょうし 消費者の立場からすると 少しでも安くとなるわけですから

私の考え方自体 おかしなものなんでしょうね

ただね 真の経営者 叩き上げの経営者 地域の中で生きてきた経営者なら どうだろう?って

言い方は悪いけど 商売人だったり 現場と地域を理解しない跡継ぎ

加えて 雇われ社長 サラリーマン社長だったりすれば こうなるのは必然なこと

安ければ良いというような文化 売れれば何でもありという発想は

いずれ終焉を迎えるのではないだろうか そう考えると 厳しい世の中になってくると予想します

これが時代というもの どうのこうの言ったところで 生き残らなければ 

ちっぽけな自分自身が考える正義なんて かき消されてしまうだけ

おかしいと思えば それに異を唱える勇気があれば 突き進むだけのこと

1人の農業人として どう農業に向き合っていくのか 今までどおり 頑張っていきます


温暖化防止と言ってみたり 原発を停止したため 火力発電が増え 二酸化炭素が排出増加となり

地球への負担増?ということにつながり ・・・ 立場変われば どこを見据えるのか

そう考えると 1つの信念持って生きていくことの難しさが露呈してきます

遠い将来のことも大切だし 今も大切 人間だから 今しか考えられないこともあります

だからこそ しっかりしたビジョンを示し 必要であれば 時間をかけて

大きく旋回していくことが大切だと思います 

お互い潰し合う 共食いだけは 何とか避けたいなと思いますが 

生きていくためには 避けては通れないところなんでしょうね


さて 明日は中学時代からの同級生が 友人募って アセロラ狩りに来てくれます

とても嬉しいこと こうして 農業をしていることで 二度と会うことはないのかな?と

思っていた友人と再会できる機会を与えられ 本当に感謝しています

今のアセロラは 本当に美味しいので 満足してくれると思います

8年近くアセロラを栽培してきて 今年のアセロラの出来は1番ですから

アセロラ狩り 随時受付していますので 連絡頂ければと思います


堅苦しい文章を最後まで読んでくれた方 申し訳ありませんでした

ただ いろいろ悩むこともあり 心の葛藤を書き記すことも 私にとって気分転換なのです

次回からは いつも通り 超ポジティブで楽しい内容にします ( 笑 )







  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/978-4ef867bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)