fc2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
繰り返す
歴史は 繰り返す

というか 歴史ではなく 地球上に 生あるものは全て 繰り返し

春になれば 植物の芽が吹き それに合わせるように 動物たちの小さな命も誕生します

農業もそう 木々が休眠している間に 剪定作業をします

冬の終わりには 田畑を耕し 種まきの準備をします

種をまき終えると 雨が降り 植物たちは 青々と成長します

梅雨が明ければ ギラギラと太陽の光が 降り注ぎ

台風の被害を受けたり 何とかなったり 秋の収穫が始まります

厳しい冬を乗り越えるため 保存食を作ったりします


大きく成長すれば もっと大きく成長したい さらに もっともっと成長したいと思うもの

そうなると 人であれ その人が集まる国であれ 少なからず 衝突を招いてしまう

100年戦争があり 第2次100年戦争 そして 第1次世界大戦 第2次世界大戦

朝鮮戦争 ベトナム戦争 イラク戦争 などなど

残念ながら 良いも悪いも 私たちは 繰り返しながら 生きています

イラク戦争が終わり アメリカを縦横断していた頃 片田舎にある ユースホステルに泊まりました

オーナーは 大柄な白髪の男性 私を見るなり ジャップかと

その夜 夕飯を食べながら 彼は 思い出すように 若かりし頃の話をしてくれました

彼は 東京を爆撃した B29のパイロット 軍人でした

高齢のため そろそろ ユースホステルを閉める予定だったようで

最後の最後に 日本人を招くとは これも運命なのかなと

空襲に参加した時のことも 話してくれました

おじいちゃんは 満州鉄道の技師 戦後 何とか 生き延びることができ

舞鶴に 引き上げてきました

でも おじいちゃんからは 一切 戦争の話は聞かなかったし

親父も おじいちゃんから 戦争の話 全く 聞かされていないようです

なぜか 私は 学生時代から 戦争の映画は たくさん見ています

いろんな角度から 最近では ドキュメントものだったり

戦争を 正当化するつもりなど 全くありません

ただ そこに至るまでの 理由が ちゃんと存在していること 私たちは理解しなければなりません

平和状態が ずっと続くというのは 空言です

食料が乏しくなれば なくなれば 必ず 奪い合いが生じます

経済が発展し 生活が便利になれば それに慣れてしまった 私たちは

資源の奪い合い 国土の奪い合いを 始めます

環境問題がクローズアップされると 環境という言葉を使い

頭ごなしに 発展途上国への自由を 奪うような制限を課していきます


私が なぜ 農業をしているのか 山羊さんと生きているのか

そこには 地球上で生きている ひとりの人間であることのベースがあるからです

目覚ましが鳴る前に 目が覚め 太陽が昇り始めるのを見ながら 仕事に出掛け

太陽の下で 汗を流し 西日が眩しくなるころに 事務所に戻る

暗くなれば 事務所の電気をつけ 事務処理をして 家に帰り

当たり前のように準備された 暖かい 夕ご飯に満足し 温かいお湯につかり

暖かいお布団にくるまり 深い眠りにつきます

毎日 同じことの繰り返し その繰り返しができることの幸せを ずっと感じています

10歳のキー

50歳を過ぎ 心が痛い日々を 送っています

動植物とのつながりが 自身の心を癒してくれています





   
常識は通用しない
始まってしまった

ロシアによる ウクライナへの侵攻

欲を持った人間には 常識は通用しないこと

常識さえも コントロールして 都合の良い常識に変えてしまう

勝てば官軍負ければ賊軍

という諺があるように そんなことは 日常茶飯事なんだろう

核という最終兵器を 手にしてしまった以上

地球温暖化による破壊よりも 核による破壊の方が より現実味を増しています

権力を握った人間は 何がそんなに偉いのか 

ぬくぬくとした部屋で 現場にすら足を運ばず 公用車でご出勤

そう考えると 皆が平等に 生きるために 現場で汗を流すのがいいのかも

まっ そんな時代になったところで 権力は存在するのでしょうが

恐ろしい世の中になってしまった

 
聞き飽きた
爆弾低気圧 ここ最近 当たり前のように 聞く言葉

岐阜は知らないけれど 飛騨高山 白川郷は 知っている

そのせいか 岐阜は 雪が降る とても寒いところだと そう思っている人たちが多いです

ですが 岐阜でも 南の方は さほど雪は降りません

ここ美濃加茂でいうと 今冬の最低気温は マイナス4度ほどです

日中はというと 太陽が顔を出せば 案外 暖かいです


さて ロシアによる ウクライナへの侵攻のニュースが 流れるようになってきました

先日 デンマーク人の写真家 人質として解放されるまでの実話 映画で見ました

今の時代 法律というものが存在し 法の下で裁かれるわけですが

穿った見方をすれば どんなに卑劣な行為があっても 法によって守られてしまうもの

大学時代 法律を専攻したものの 私は 好きにはなれなかった

だからと言って 目には目を歯には歯を という考え方に 100%賛成ではない

だけど 権力を使って 自身の思いのままに コトを進めていく人たちに対しては

目には目を歯には歯を でいいのではないか そう思ってしまう

上に立つ者 権力を得る人には しっかりとした覚悟を持ってほしい

日本のトップたちは 遺憾だ 強く非難する なんていう言葉ばかり ちっとも心に響かない

逆に 響かない方がいいのかな 感情的だと受け止められないから

いやいや 自分の言葉でないから 全く 響かないのだろう

スピーチが上手い方がいいのか 逆に 下手な方がいいのだろうか

まぁ どちらでもいいことですが それにしても 聞き飽きた言葉ばかりだなぁ


早く 春が来てほしい

3月になれば 桜前線という言葉も 聞き飽きるぐらい飛び交うことになりますね






取り戻さないと
ようやく オリンピックが終わります

やっぱりさ 見ちゃうんだよね 日本選手が活躍していると

この時期にやらないといけないこと たくさんあるのに 見てしまう ( 笑 )

まぁ しゃーない 4年に1度のことだから

選手たちには 申し訳ないけど 勝手に感動させてもらったりしました

私も 小学校から 野球やっていたから

個人競技より 団体競技に興味を持ってしまう

当たり前だけど 同じ人間なのに それぞれ生きる場所が違えば やっていることも違う

人に見られることって 嫌なこともあるだろうけど

それでも 見ている人に 勇気や感動を 与えることができるっていのは 良いことだと思います

そりゃ 他人のために 競技しているわけではないだろうけど

結果として そうなるとしたら 素晴らしい生き方じゃないかな


さて 早いもので 2月もあと1週間ほど もうすぐ 3月です

4月から ヤギさんたちは 例年通り 除草に行く予定です

今は 朝ご飯を食べて 夜ご飯を食べて ゆったりとしています

ジュニア
 
毛が とても長いヤギさんです

とても 人懐っこい性格です それでいて 超マイペース

ヤギさんたちに 癒されています

明日からは ちょっとスピードを上げて 仕事をこなしていきます

 
挫折は脱皮
オリンピック 時間があれば 見ています

歳を重ねたせいか 個人戦より 団体戦に興味を示してしまいます

出場する選手には それぞれに物語があり どれもみな 感動をさせられます

もちろん 映像やナレーションというものに 大きく影響されるのでしょうが

それは 何かを犠牲にしてでも それだけに 持てる時間 限られた時間を

費やしてきたことを 私たちも しっかりと感じ取ることができるからでしょう

昨年の夏季オリンピックでは 100×4の団体リレーでのバトン

そして 昨夜のパシュートでは 最後の最後の転倒

西洋人と比較して 体の小さな私たち東洋人が 対等に勝負する現実というものを

しっかりと体現させられた そして こころ熱くなってしまいました

ただね 大なり小なり 私たちは それぞれの人生の中で 挫折というものを経験するわけで

これは 大人になってもあることで 決して 避けられるものではないです

それを 他人や環境のせいにするのか あるいは しっかりと 現実として受け入れるのか

挫折するということは 生まれ変わる 

新たな世界へと 足を踏み入れる  大きな機会がやってきたんだと

私は 自分自身に そう言い聞かせ 心の整理をしていきます

脱皮

悔しくて 悔しくて 人目をはばからず 涙を流す姿

今までの4年間を活かすために 現実を受け入れ 大きく成長してほしい

挫折を受け入れ どうにかこうにか 心の整理をした人は

次の世界が待っている 私は そう信じています

長野五輪では 悔しい思いをした ジャンプの葛西選手のように

それでも あきらめず 努力をし続けてきた人は 一瞬の輝きだけでなく

競技者として そして 指導者としての力を ずっと発揮し続けるのではないかな

私も そういう人でありたい そういう生き方をしたい

世界で勝負できるような 自身の取組みで 他人様に感動を与えるような

そんな大きなことは できないまでも 自身の能力の限界を知り それを受け入れ

違う形で 自分の人生を 表現できるようにしていきたい


挫折は脱皮みたいなもの 大きく変化する機会を得たんだと 私は そう思います

涙して それでも 前を向く姿に 大きな力を頂いています 

ありがとうございます