FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
やぎマルシェ
さて 京王モール内 ( 新宿駅 ) にある 中部地方インフォメーションプラザにて

3日間 やぎマルシェ 開催してきました

月曜の午後に新宿入り 夕方まで 準備

翌朝から スタート 木曜の夕方まで

MARU1

やぎマルシェ ということもあり ヤギミルクはないのか

という当たり前の質問もありながらも 除草していることなど

できるだけ 丁寧に説明し ヤギさんたちの堆肥で育てた サツマイモの商品を販売

3種類の干し芋 それから ドーナツ クッキー それから 銀杏

美濃加茂ののものは そんな感じ

奥飛騨からは ドラゴンフルーツ関連の商品 

高山と言えば お漬物 駄菓子 高山ラーメン 飛騨紅茶 などなど

飛騨美濃の産物を販売しました

なぜ 新宿か なぜ 京王電鉄か ということになりますが

新宿から高山へ 直通バスが運行していることから 都市と地方の交流を目的とした

そんな地方のイベントが 行われます

かれこれ ここがオープンした頃からのお付き合い

もっと遡れば 個人的に 学生時代 京王線を使って 大学へ通っていたこともあり

何だか 懐かしいというか ここでイベントをやることは もはや ご縁そのもの

都市と地方の交流が目的なので 自分たちの商品だけを売るのではなく

ここに立ち寄るお客さまが 岐阜をイメージできる 懐かしく思ってくれる機会を作る

それこそが 大切な目的でもあります

加えて たくさんの外国人も多く 岐阜へ行くことができなかった方々も

このマルシェで お土産をたくさん買っていかれます


充実したマルシェは 無事終了し

翌日には 美濃加茂市教育総務課の方と 京王電鉄が経営している保育園

それから 新渡戸文化学園内にある 放課後アフタースクールを視察

岐阜県下 待機児童が一番多い 美濃加茂市が抱える課題を解決すべく

情報を集め 美濃加茂らしい そんな取組みを実践していけたらいいなと

もちろん 私は 農業者なので 農業者として どのように関われるか

しっかりと考え 実践していきたいと思います


明日は 可児市にある 花フェスタ記念公園 植物園にて 

ワークショップを行います 先週行った 稲わらで 来年の干支 ネズミさんを制作

夢というか 目標を持ちながら 目の前のことを 1つずつ 地味にこなしていきます ( 笑 )





次から次へ
久し振りに それなりに更新できる そんな感じです

いろいろと 日々 書きたいことばかり ですが そんな時間的余裕すらなかった

というのが 本音 ( 笑 )

それでも 1つ1つ やりたいこと やるべきことを 積み重ね

1日1日を 何とか やり過ごしています

どんなに忙しくても 前とは違うのは いい仲間が 増えてきたこと

もちろん その逆も 当然あるわけですが ( 笑 )

ここで 1つ付け加えるとすれば 私にとって いい仲間ということですね


さて 5年目を迎え 無事 何とか完成できた 稲わらアート

今年に入り 一気に 地方でブレイクしている感じ あちこちで披露されています

で 私たちは 新たな取組みとして 加茂農林高校の生徒たちが 授業の一環として

地元の竹材などを活用し 制作に励んできたこと

地元メディアの取材もあり NHKぎふ わらアート 学生たちにとって いい思い出ができたらいいなと

wara20191
 
さて 今年は 高校生たちの作品を含め 14体ほどを制作しました

まずは 実物大 約5メートルのキリンさん

wara20192

昨年制作し 人気が高く リニューアル要望があった 実物大の真実の口

wara20193

ちょっといたずらをして ネズミさんが口の中に ( 笑 )

wara20194

それから 来年が干支のネズミ ハリネズミ 

ヤギさんの親子 そして JAめぐみの古井支店が制作した 社長わらイス

wara20195

wara20196

wara20197

で 高校生を代表して ワシを紹介

ワシの背中に乗っている これまた ネズミさん

ニルスの不思議な冒険 ではないですが そんな感じをイメージです ( 笑 )

wara20198

そして 昨年に続いて ワークショップを開催

来年の干支 ネズミさんを作りました

wara20199

wara201910

なかなか 評判がいいです

なので 来週の日曜日 今度は 可児市の花フェスタ記念公園

そして 年明け JAめぐみの古井支店 支店感謝デーでもやります


で その前に やらなければならないこともあるわけで

今日は 名古屋大と岐阜大による フューチャーアースシンポジウムに行き

パネル発表をしてきました とても刺激的で いい出会いがありました

明日から 東京です

火曜日から木曜日まで 新宿の京王インフォメーションプラザにて ミニ催事をします

お時間がある方は ぜひ 遊びに来てください

金曜日は 2件ほど 視察に行きます

ここでも 学ぶことがたくさんあるだろうし そこでの出会い とても楽しみにしています


今年も あと少し

ここ最近 かなり寝不足気味ですが もう少しだけ 頑張ります

とりあえず 明日は 新幹線の中で 昼寝できるだろうしね ( 笑 )

もちろん 帰ってきたら  外仕事があります 

それから 来年出版予定の本の校正もあるし 忙しいですが とても充実しています

頑張らないとね

バタついております
なかなか 更新できず

かなり バタついております

もう少しというか おそらく 年末まで 続きそうな感じです ( 笑 )

ありがたいことですけどね やることがあるということは


今週末までに わらアートを完成させなければならず 

7日土曜日から 展示開始 同時に ワークショップ そして やぎマルシェ

8日日曜日には 名古屋大・岐阜大による シンポジウムでのパネル発表

9日から13日まで 上京します

10日から12日まで 京王インフォメーションプラザにて

やぎマルシェ という名の ミニ催事があります

13日は 将来の学童保育を見据え 教育委員会と視察

15日は 可児市にある 花フェスタ記念公園にて ワークショップとやぎマルシェ

週明けからは 依頼仕事が入っており ( 笑 )

それから 第2弾 本の出版を 来年にする予定なので 校正作業もあります


私の性格から 休みがない方がいい あるとイライラしてしまう

これって 病気かなと思うこともあるぐらい ( 笑 )

とはいえ 自分で時間調整できることも多々あるので ストレスはないかな


さて 明日も早いので そろそろ家に帰ります


わらアート
金土日 3日間 山梨に出張でした

第21回 全国山羊サミット 八ヶ岳で行われました

山羊ネットワークの世話人でもあるので 金曜日に行き 総会に参加

翌日 サミットが始まりました

ヤギさんを取り巻く環境は 急激に変化しているのが現状です

肉製品 乳製品 除草 そして ふれ合いという教育分野 などなど

その多目的な価値観に注目が集まっています

とはいえ 個々が 個々の判断で やれる範囲でやっているのも事実

継続できるような仕組みの下で 行われているところは 極々僅かでもあります

本来の畜産と呼ばれる 肉や乳製品において

牛や豚と比較して 淘汰された現実があり そこを しっかり受け止めないと

同じことを繰り返すだけ 結局 ヤギさんの評価は さらに落ち込み

人間の都合で 行き場を失ってしまうものです

この辺の意識が変わらない限り 本当の意味で 動植物との共生は 無理なんだろうなと

継続するには お金を稼ぐ手段が必要なわけで

とはいえ ビジネス一辺倒では 酷使されるのは ヤギさんたち

さらに言えば ヤギさんの疾病など 知識のある獣医師が少ないことも 大きな問題

やはり 経済動物としての扱いから 希望を見いださないと

若手の獣医師 これからの獣医師は 育たたないと思う

できることから 1つずつ 問題を提起しながら 今の時代に沿った形へ

学生たちと一緒に 何かできればと思っています もちろん ヤギさんたちとね

そんなことを思いながら 山梨を後に 車を走らせたわけですが やっぱり 富士山がきれい

yagisumit2019

最近 よく 富士山を見ます 先月は 静岡県側から

今月は 山梨県側から 


で 今日から 本格的に わらアート制作に復帰しました

今年は メンバーが 各々で 時間を見つけて 制作をしています

高校だったり 農協さんだったり 

で 目玉の1つ キリン ほぼ完成 あとは 細部が残っています

これを制作しているのは ずっと一緒にやってきた コメ農家さん 娘さんが同級生でもあります

kirin2019

後ろの木の葉を 本当に食べてしまうかもね ( 笑 )

まだまだ 制作していきます

harinezumi2019

これは ハリネズミの骨組み

もう少し 曲線部となるところに 竹を固定させ そこに 編んだわらを付けていきます

針のツンツン感をどうしようか 今日も 休憩時間に 話し合いました


さて

農業は芸術 楽しむことも大切だし 無駄だと思うことをやるのも大切

そこから 何を見つけ出せるか 何につなげることができるのか

身銭を切ってやる部分があるからこそ 新たな知恵も生まれ 大切にするわけです

完成お披露目が 12月7日なので そこまで 頑張ります

やらないといけないことが多い中でも 体は1つ

なので 計画を立て 1つ1つ完成させて 充実した1年だったと言えるよう

もうひと踏ん張りです






おっさんは泣いている
おっさんは 心の中で ひとり泣いている

昨日 一緒に活動している 岐阜県立加茂農林高校の緑園祭がありました

同校の評議員 担い手育成アドバイザーなどやっているので

時間を作って 顔を出してきました

毎年 同校の緑園祭は すごい人で 朝から長蛇の列です


ヤギさんの置土産から手土産を作ろうプロジェクト もう何年になるのかな

正直 学校なので 研究 勉強が優先されるわけで 商品開発は二の次

なんて言うと 一生懸命やっている生徒たちに 申し訳ない気もするけど

やっぱりね 子供たちの成長が一番なので そこは 大切に見守っていきたいですね

さて 年々 先輩から後輩へ受け継がれているプロジェクトですが 

ほんと 毎年 どんどん進化していて 驚かされるわけですが

とうとう というか あぁ ここまでできてきたんだなと 

今年から 新たにスタートさせたプロジェクトもあり 私の方が 追いついていけない ( 笑 )

ほんとは 全部 細かく ここで紹介したいぐらいなんです

私だけの感動にしておくのは 生徒たちに 申し訳なくてね それぐらい 頑張っているんです


これは 新しく始まった バタフライピーを使用したプロジェクト

ほんと よくやっています

私の方が遅れていて 商品の試作が遅れてしまっているんです ごめんなさい

batabata2

batabata3

で ヤギさんのミルクを使った商品も 少しずつ

キャラメルポップコーン 今年から 緑園祭で販売 即完売でした

ちゃんと トウモロコシから栽培したし ヤギさんの堆肥を使って 

これは 森林科学科の生徒たちと一緒に育てました

batabata1

で ドーナツはと言えば

batabata4

今年は 喫茶ん手のモーニングでも 提供されるたり 一気に前進しました

そのためか 子のドーナツを目当てに来るお客さまが 年々増えていて

買える個数を制限して販売したにもかかわらず これまた あっという間に完売

で 私が とても感動したのは これ

batabta5

ドーナツに 小さいヤギさんの焼印

おっさんは 心の中で 泣きました

生徒たちの力 それを支えてきた 先生たちの力 改めて感動です


あとは 私が もっと頑張らないとね

子どもたちの思い そして 出してきた結果を 私がもっと応援しないとね

ありがとう いつも 元気をもらっています