プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
汗臭い
昨日の夜中 奥飛騨から美濃加茂に移動しました

今日は 朝から人力除草です

相変わらず 腰の痛みというか疲れは残っていますが 動けないわけではないので ( 笑 )

作業の合間にストレッチしては 筋肉をほぐしています

人力除草をしている現場は 岐阜大学の実験エリアなんです

1つのエリアを2つに分け 片方を山羊さんたちだけで除草します

もう1つのエリアは 人力で草を刈り 緑地管理をします

この研究の目的は2つあります

1つは 山羊さんと人力で管理した場合 植生の変化があるかどうか

そして もう1つは 費用の比較です

費用といっても 山羊さん除草の単価なんかありません

なので 私が独断と偏見で計算し それを元に先生に算出してもらっています

もちろん 独断と偏見といっても 継続できるための金額です

それでも 欲を言えば もう少し余裕が生まれる金額にしたいです ( 笑 )


こうやって 新しいことは 1つずつ裏付けとなるデータを取っていくことが大切です

そのため 周りからは ビジネスに変えていくのがうまいとか お金儲けがうまいとか

そんなことを言われています ( 笑 )

まっ 仕方ないですね 何を言われても

実際 私ではなく こうした仕事に興味を持ってくれる人たちが

生きていくために必要な報酬を しっかり得られるようにしないといけないですから

会社を経営している人たちからは お前が働いているようでは儲からないと言われます

実際 その通りなんです

ですが 汗臭くなる現場の仕事を実際やらないと 見えてこないところがあり

こうやって 1つ1つ地道に実績を積んできているので このやり方しかできないのです ( 笑 )

でも こうした経験があることで 大きな自信も生まれ 

何があっても 対応できる力が身についているんだと そんなふうに思っています

なるようになる それは 汗臭さに比例しているのかなと 自己満足しています ( 笑 )


さて 明日も1日 草刈りです

草刈は楽なのですが その後 草を集めて 持ち出す作業が大変です

足場の悪い 急な法面なので 登ったり下ったり 

そう 年ですから ( 笑 )
 
山羊街道
2泊3日で 長野県木祖村へ行っていました

昨年に続いて 今年もロックフィルダムの除草です

山羊さんたち18頭が出張作業です

木祖村にある 味噌川ダムは 木曽川の最上流です

このダムがあることで 愛知県や岐阜県といった下流域に住む人たちが

安心して 水道を使うことができているのです

美濃加茂から木祖村へ 木曽川つながりでもありますが

中山道つながり 太田宿から藪原宿 

山羊さんたちが移動する つまり 山羊街道の誕生です ( 笑 )


当初は 天候が心配されましたが 3日とも天候に恵まれ 作業も順調でした

また たくさんのメディアの方々も来て それを見て たくさんの観光客の方も

この味噌川ダムは 観光資源として 大きな注目を浴びるだろうと思っています

山羊さん除草隊は 単に緑地管理だけではないことを

これからの課題として 取組んでいきます

味噌川ダムからの依頼は 美濃加茂で実績を積んできていたからです

改めて 理解し 信用し 経験を積ませてくれた方々に感謝しなければいけません

さて いくつか画像を添付します

misogawa1

とにかく 広大なロックフィルダムの堤体です すばらしい景色です

misogawa2

ドラム君 松の木を食べています なぜか 松の木も生えてきています

どこからか 松ぼっくりが飛んできたんでしょうね

misogawa3

食べた後は しばらく反芻します クッキー君の反芻変顔です

misogawa4

少々疲れたのか マリちゃんは 石に顔を載せ休憩中

太陽の光を浴びた石が 温かくて 気持ちいいのかもしれませんね

misogawa5

今回の作業にあたった フルージックのメンバー そして 岐阜大生です

岐阜大生は ずっと研究をしてきている仲間です

ちなみに フルージックのメンバーも 山羊さんの研究をしてきた仲間です

misogawa6

山羊さんだけでなく 私たちも一緒に働きます

かなり重労働です ここでの作業は 機械を使えないので やるなら全て人力

これを 地元の方々はやってきたと聞き すごいなぁと尊敬してしまいました

刈るだけでなく 刈った草や木は 運び出してきたそうですし

ただ 高齢化が進んでしまったことで 山羊さんたちに依頼があったのです

それに 年々 草木の成長スピードや被度率は増えますから

misogawa7

地方には 都市を支えるインフラがたくさんあります

もちろん そのインフラ工事で 地方も潤ってきたという事実もあります

そうした事実を地方は受止め 今度は 自らの知恵と行動で

こうしたインフラを観光資源として活用したり 人の交流を生むようにしていくことが大切かと

そんなことを考えています

若い人がいないのであれば 若い人が関われる機会をつくればいいだけのこと

高校や大学といった 自身の将来設計をし始める 次の世代に投資すること

研究したい 経験したい そういった場を作っていくことが大切だと思います


昨日 岐阜新聞に掲載されたコラム ( 素描 ) 最終回です

subyo9

今回の除草業務を終え すでに やりたいことが浮かんでいます

あとは やるだけです

全国に山羊街道を作ります ( 笑 )

山羊街道は 人と人とをつなげます



 
舵取り
腰痛は徐々に回復していますが まだまだ本調子ではありません

何とか直そうと 時間を見つけては 電気をかけたりしています

歳ですね ほんと ( 笑 ) 情けない 


さて 明日は早いです 長い1日になりそうです

2泊3日で 長野県木祖村に行きます

昨年に続いて 山羊さんたちの出張です

今年は 山羊さんたちだけではなく 私たちも一緒に草刈りをします

ドラゴンやアセロラの収穫など 猫の手も借りたいほどですが

こういう忙しい時ほど 大切なヒントがあり 案外とそのヒントに気づくものです

山羊さんの研究 今年が5年目を迎えていますが

来年以降をしっかりと見据えて 民間としてやれること 舵取りをしなければと思っています

木祖村にある 味噌川ダムというところで作業をしています

木曽川の最上流にあるダム 

このダムがあることで 愛知県や岐阜県へ 水道などが供給されています

詳しいことは また 後で書きます

開発した場所を どう維持管理していくのか 

これから 大きな課題を突き付けられる時代になってきます

山羊さんたちが 直接的に その課題を解決してくれるわけではありませんが

山羊さんたちの力を借りて 解決できるかもしれません

共生とは そういうことだと思います

2017babies

牛みたいな柄の子山羊さん まだ 名前はつけていません

先日 ある現場で 初出勤を経験しました

まだまだ もう少し 体調が整ってからです


いつ どんなタイミングで 誰と 何をするか どんな目的があるのか

目標を掲げ それに向かって舵取りをする これが重要です






分かれ道
石の上にも3年 なんて言葉をよく言われました

何をやっても 3日坊主だったので

言い換えれば それだけ夢中になるものと出会っていなかった

もっと言えば 夢中になる術を知らなかったと思います

大人になったことで さまざまな経験をし それに伴い 知識も増えました

その経験と知識を持って 幼少期に戻ったとしたら

かなり何かに秀でた人物になっていたかもしれない そんなふうに思っています

残念なことに 経験と知識を身に付けていく頃には

生きていくため お金を稼ぐため 働かないといけないわけで

やりたいことを我慢して 自身の生活 さらには 大切な家族が 生きる拠り所になります

私自身 好き勝手やっていますが それでも 家族の存在は とてつもなく大きく

その存在が 私を守ってくれています

とは言え この世に命を授かり この地球で生きている 生かされている以上

何のために生きているのか その答えを自分なりに見つけたいとも思います

見つかるか 見つからないのか 

それでも 何かに夢中になって生きることができたとしたら

その答えは 見つかったと言っていいのではないのかなと そんなふうに思います


さて 8回目のコラムが掲載されました

subyou8

人は とても弱い生きものです 

ただ 使命感を持ったとき 目標が見つかったとき とても強く生きることができるものです

弱気な自分を鼓舞するのは 自分しかいません

他人ではありません

決して 仲間と一緒に生きることを否定しているわけではなく

むしろ 仲間と一緒に生きるべきだと

それができるのは 自らを鼓舞し 自ら生きるための選択ができるようになってからだと


さて 明日も1日 バタバタとしています

石の上に3年もいれば そのまま 居座り続けるのか あるいは 新たな石を見つけるのか

継続してきたものだけが 分かれ道を感じることができるもの

その分かれ道は どちらも正解の道

自分が それを受け入れ 今まで通り 努力すればです


 
なんとなく
今年の天候は 何とも言いようがなく

農業をする者にとって ただただ厳しいとしか 言いようがありません

とはいえ これらは仕方のないこと そのままを 受け入れることです

ただただ 恨めしそうに雨空を眺めてみたところで

怒りを込めて 鋭い眼光で 雷空を睨みつけたところで

人間の愚かさ 非力さを痛感するだけです ( 笑 )

雨が多いなら仕方ない 高温多湿により 果実にダメージが出れば仕方ない

もちろん やれることはやります 早目に収穫するとか 収穫を遅らせるとか

お天道様に任せるだけです 逆らわないように

そんなこともあって ここのところ なんとなくと言えば 聞こえが悪いですが

どうにかこうにか作業を終え なんとなく眠りについています

深く考え過ぎることもないので それなりに眠りにつくのは早いです

こういう年もある そんな感じでしょうか


さて 湿気が多いことが原因でしょうか ヤギさんの研究フィールドに 大きなキノコが出現

日の当たる草原にキノコ 何だか見慣れない風景です

kinoko1

このキノコ 笑いキノコなのか 

なんとなく 山羊さんが笑っているように見えます

kinoko2

気合入れるときは 気合を入れる 

そうでないときは 適当に

意味を考える日もあれば なんとなく過ごす日があってもいいと思います